地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
円高く、熊越ゆる秋
天高く、馬肥ゆる秋。

秋といえばこのフレーズですが、今年の秋はまさに円高く、熊越ゆる秋です。
円高の背景には各国の通貨競争があり、日本は他国のターゲットにされています。
国際的な発信力が弱いのでしょうか、おかげで日本の輸出企業は大打撃です。

そうかと思えば、あちこちに人里という境を越えて熊が出没しています。
先日も、老人施設に熊が侵入し射殺されたニュースがありました。
迷惑な話ですが、熊にしても迷惑な話なのでしょうね。向こうも生きるのに必死なだけなのですから。
熊ばかりではありません。蜂や凶暴な猿も出没しています。
まさにオール野獣総進撃です。

そんな国内外ピンチの日本ですが、噂によると円高に関しては、企業もただ手をこまねくばかりでなく、海外の資産を買い取っているということです。さすが、日本企業!?

そうなると買って欲しいものはイタリアのサッカーチームです。
日本人だけのチームを作って、Jリーグを二軍にして、そこで活躍した選手が一軍のチームで世界をフィールドにプレイをします。
ワールドカップには一軍のチームがそのまま参加したら、チームワークもバッチリですから優勝するかもしれません。

こう考えれば、しぶとく出没する熊もうまく使えるのではないでしょうか?
せっかくだから熊を全部捕まえて、公園を作ればどうでしょう。ジュラシックパークならぬ、クマシックパークです。小さな熊と触れ合えば人間にも馴れて、うまくいけば、成長しても犬のようにペットとして飼うことが可能かもしれません。
熊だったら防犯にも有利です。押し売りが来て、突然熊が出てきたらお笑いですね。
まあ、いなくても家の前に「熊がいます」という表示だけでも威圧効果は十分ありますが。
しかし安心し過ぎるのは禁物です。熊が冬眠に入り、効果がなくなることもありそうです。

また、ツキノワグマは胸に白い月のような模様があってユニークですが、これをキャッチフレーズに外国へ輸出したらどうでしょう。
さらに改良して白い部分を広げ、目の周りを白く逆パンダ状態にして売り出し、パンダ外交以上の熊外交をする。同じ熊外交ならいっそのこと各国大使館には熊を大使にして交渉させる。押しに関しては日本の外交官よりも優秀かもしれませんね。

それ以外には、遺伝子の改良で白と黒のストライプにしてシマウマならぬ「シマクマ」、トラ模様のトラウマならぬ「トラクマ」。あるいは赤と白の組み合わせで究極の日本熊、日の丸熊なんてどうでしょう。

こんなことを書くと熊に怒られそうですが、困った困ったというより知恵を出せ!ですよ。
冗談を言ってるうちにいい考えが浮かび、実現するかもしれません。
ひょうたんから熊ですから。あっ!駒ですか?
# by asakura_h | 2010-11-11 13:00
まずは地診地療
小学生の頃、円谷プロによるテレビ番組ウルトラQが大人気でした。
自然のバランスが崩れて、怪獣が出現するという内容で、怪獣ブームの火付け役になりましたが、残念ながらリアルタイムで高知では放送されませんでした。

当時高知では民放が日本テレビ系列しかなくTBS系列のウルトラQの放送は不可能だったのです。
テレビで見たのは、一年ぐらい後の再放送だと記憶しています。

今思えば、自然のアンバランスより放送局の偏在という社会のアンバランスのほうが切実だったと改めて思い返す次第です。
幸いに社会のバランスが崩れても怪獣はでてきませんが、怒りやため息がます。さしずめ妖怪や幽霊でもでたら、ウルトラオバQでしょうか?

そんな今の社会のアンバランスの一つが、本来競争が必要でないところに競争を持ち込み、競争が必要なところに全く競争がないことです。前者の例が医療介護の分野です。
ただ、全く競争が不要というわけではありません。
確かに効率化や、ある水準以上のレベルを保つことは必要ですが、それを競争に任せるのはおかしいのではないでしょうか。
競争の為の規制緩和が、ドクターの地域による偏在を生み、地域医療の崩壊が起き、特に専門医の偏りは産婦人科小児科の減少に顕著です。
これらのことは、何でも自由にさせずにきちんと国が計画性を持って指導管理すべきことです。

その一方で、農業は手厚く守られています。
最近、地産地消という言葉を耳にします。地元でとれた作物などを地元で消費することでエコになると盛んに推奨されているようですが、長い目で見てどうでしょう?
所得の低い高知県では値段を下げざるをえなくて、利益も小さくなる。
結局のところ、次第に経済規模が縮小していくような気がします。
反対に利益を見込める地産外商のほうが、競争をへてよりいい作物をつくりだすことにもつながりメリットが多いのではないでしょうか?
もちろんリスクがありますから、場合によっては農家が互いに連携し一体となって取り組むとか、いろいろ考えないといけませんが、まずは外商ありきだと思います。
その上で地産地消よりも先にやるべきことがあります。

それは安心して暮らせる地域社会の構築です。
それがあるからお金も使うようになってはじめて経済的なメリットが生まれます。
そんな地域社会の安心の基は、地域にいて、安心して診察が受けられ、治療・療養ができる、地域完結型の医療・介護の存在でしょう。

もちろん、特殊な疾患の治療に地域外の病院を利用するのは仕方がないことです。ニーズが少ないところに特殊な病院を建てるのは非効率ですから。
しかし、安心して子供も産めない、地域に住む高齢者が遠くの施設に行かなければならないというのはどう見ても変です。

地産地消より、まずは地診地療(地域で診て、地域で治療・療養する)。
それが単なる真夏の夜の夢に終わらないように祈りたいものです。
# by asakura_h | 2010-11-04 16:46 | コラム
リーダー不在の時代
例年は鬱陶しい梅雨の季節も今年はワールドカップサッカーのおかげで大いに盛り上がりました。
日本チームはまったく期待されていなかった為、勝った時の反動はすさまじく、
今じゃあ、あの岡田監督も名監督です。
もし、背後に演出家でもいれば、脱帽どころか、脱毛して翌日から出家しそうです。
それにしても、岡田監督、本当に名監督かどうかは別にして、迷監督だったのは事実のようです。

アジア予選と勝ち抜いてきたメンバーである中村俊介主体のチームが大会直前でうまく機能しない、多くの評論では本田選手中心のチームにすればというアドバイスもありましたが、なかなか踏み切れず最後になって一か八かの選択が功を奏しました。
確かに難しい選択だったかもしれません。
その難しさとはリーダーとして私情をとるか、非情をとるかの選択に思えました。
確かに冷静に現在の実力を比べた場合、本田啓介中心のメンバーがよいのは明らかですが、それを選べば、昔から苦楽を供にしたメンバーを切ることになり、非情になってしまいます。
中村俊介を選ぶという私情を挟むか、本田啓介を選ぶという非情を取るか?

日本人はどちらかと言えば私情を挟むリーダーを好むように思えます。
源義経、西郷隆盛など非情な感じはしません。
判官びいきという言い方を生み出した日本史最初のアイドル源義経は、朝廷から官位という褒美をもらったために、非情な兄の源頼朝に暗殺されますが、武士政権を樹立しようとしていた源頼朝の選択は間違ってはいませんでした。
西郷隆盛も情に厚く、非情に思えた友人の大久保利通はあまり人気がありませんが、大久保利通の明治政府での活躍がなければ近代日本はありえませんでした。

ただ非情だけのリーダーというのもありえません。
何処かに私情の部分がないと人をひきつけないので、多分非情と私情のバランスが重要なのでしょう。
時にはリーダーは非情という悪人にならないといけないし、私情という心配りやフォローも必要です。

ただ日本が今回もっとも魅せたのは、そういうリーダーの下でも工夫しチームワークを作り上げ、リーダーさえ乗せていった、現場の選手達、支えたスタッフのすばらしさでしょう。
技術的ハンディを走り回ることで補い、気迫あるプレイをみせてくれました。

これを医療介護現場で当てはめれば、リーダーが頼りなくても、現場で働いているメンバーが本気になり、チームワークを発揮してやればできるということです。
やはり現場力です。
政治の世界が顕著ですが、リーダー不在の今の時代の一つの解決方法でしょうか?
ただし、日本選手があれほど走り回れたのも、岡田監督の技術不足を補う指導の成果だそうですが、だからと言って、我々が変なリーダーや政治家に、無駄に走らされるのは勘弁願いたいものです。
# by asakura_h | 2010-11-03 16:46 | コラム
今日から明日育(あすいく)
最近、教育に関する関心が高まっているように思います。

特に子供への教育熱はすごく、一部の小学生は塾や習い事に通うのが当たり前で、普通の大人よりはるかに忙しいようです。
早期教育も盛んで、さらに超早期教育も当たり前、つまり生まれてからでは飽き足りなくて、生まれる前から教育をしたほうがいいと、モーツァルトの曲を聴かせたり、胎児に本を読み聞かせることを実践している人たちもいるそうです。

行き過ぎかどうかはともかく、これから先の日本が少子高齢化であれば、子供の数より質が大きく左右するので、ある程度教育熱が広がるのは良いことかもしれません。
ちなみに明治以前の日本は教育大国だったそうです。
寺子屋が普及し識字率は世界一で、その積み重ねが明治維新後の経済発展につながったと間きます。
それを思えば現代の日本が新たな教育大国になり、うまく教育の機会を均等に与えることができれば、日本人が今まで以上に世界で活躍する時代がくるかもしれません。

ただ教育とはいいますが、私はその言葉が好きではありません。
確かに“育”は好きですが、“教”というのがあまり好きではなく、しかも “教”という字が“育”より上にあるというのか、いかにも教えてやるという上から目線のイメージがして嫌いです。
それよりは英語の“エデュケーション”の方が好きです。
これは相手の力を引き出すという意味があり、教育の“育”に近い気がするからです。

そう考えれば、特に今まで日本の教育は“教”の方に力が注がれ過ぎていたような気がします。
まさに昔は強く育てること、“強育”だったのでしょう。
小学生の時には教室の後ろで立たされたり、中には脅迫じみだ“脅育”なのか、体罰が行われることもしばしばありました。
ただ行き過ぎて“狂育”にならなくて良かったぐらいで、未だに小学生の時に先生に平手打ちされたことなどは覚えています。
それに比べると最近は、随分とおとなしいようです。
体罰は禁止ですし、かえって先生が生徒に気を遣っているような気さえします。
これか行き過ぎだと感じないこともありませんが、もし教育が“教”より“育”の方に向いているのなら、それはいいことかもしれません。
教育は教えて育てるのではなく、育てるために教えるのだと思うからです。

さらにつけ加えると、その教育がその場しのぎでなければいいなと思います。
その場しのぎの点取りゲームが上手い子や、ただの“いい子”作りでは本物の人間は育たないと思うからです。
つまり今日の人材を育てる、“今日育(きょういく)”ではないということが大事ではないでしょうか?
そして、常に先のこと、未来を考える、これからどれだけ伸びるか、その可能性を信じること、例えば自分の子供が今日できなくても、明日できることを想像することではないでしょうか。

今年度の私たちの病院の目標に、職員のスキルアップを掲げましたが、それはとりもなおさず、私たちがいかに職員を育てるかに負うところが大きいので、我が身になって考えさせられます。
結局、教育する側に長い目、広い視野、それに伴う忍耐が必要なのでしょう。
要は、教育は“今日育(きょういく)”ではなく、明日を育てる“明日育(あすいく)”なのですから。
# by asakura_h | 2010-04-11 18:01 | コラム
飽薬の時代
昔、薬といえば今以上に抵抗感があったような気がします。
昭和40年代、確か黄色く丸い形のハイシーというお菓子があって、食べると他のお菓子と一線を画する甘酸っぱい味がしましたが、形が薬に似ていたので沢山食べるのには幾分躊躇した記憶があります。

ところが、今や薬は巷にあふれています。
街のドラッグストアに入ってみれば、薬が山のように積まれていることに特別な違和感はないし、TVCMも薬の宣伝のオンパレードです。
そのせいか、薬に対する抵抗感がかなり少なくなったのだろうか、薬にまつわる事件が最近多いような気がします。時はまさに飽薬の時代なのでしょう。

大学生や主婦などにも薬物を使用している者がいるといいます。中には大麻栽培までしている輩もいるということですから、大麻も一般園芸作物と同じ感覚なのでしょうね。使用禁止すると闇の世界に隠れてしまい、却って危険になるとの発想で大麻を合法化している国もあるようですが・・・。

最近ニュースで話題の芸能人による薬物使用事件などはその際たる例でしょうが、覚せい剤は最も怖い薬のひとつです。
幻覚がひどくなると、身体中を虫が這っていると感じて火をつけたり、他人が自分を殺そうとしていると思い込み突然殺人事件を起こすこともあります。
よく精神病患者が殺人を犯すという悪いイメージをもたれているが、その多くは覚せい剤がらみです。
以前、「覚せい剤をやめますか?それとも人間をやめますか?」という標語がありましたが、使用者にしてみると「人間をやめます」の方がはるかに選択しやすいほど、おかしくなるのです。

また、普段何気なく使用している薬剤にも言えることですが、インフルエンザなどで安易に解熱剤を使用することで、子供に脳炎発症を誘発する危険性があります。
また、つい最近亡くなられた中川元大臣も、睡眠導入剤とアルコールの相乗効果が原因ではないかと言われるくらい、薬とアルコールの組み合わせには注意が必要です。

そういえば身内の話ですが、高齢の母が降圧剤を一錠多く飲んだために、友人とお茶をしている時に突然血圧が下がり意識を失うということがありました。早めに対処できたため大事に至らなかったのですか、わずか一錠でその何倍もの薬の影響力にはただ驚くしかありません。

事ほど左様に薬というのは、すごい効果と害が表裏一体をなす場合があります。
本来は安易に使用されるべきものではないはずだが、つい安易使われるのも時代の流れなのでしょうか、いつの間にか誰も彼もがその怖さを忘れているのが怖いことです。

さらに、安易になっている例として、薬でお腹がいっぱいになるほど薬を飲まなければならない高齢者もいたり、各種の栄養剤を別個に効率よく摂収できる、流行りのサプリメントを利用している人が増えているようです。そして、ストレスのせいか不眠症の人も多くて睡眠剤を常時飲んでいる人も結構います。

こうなると、将来は食事も薬、やる気も薬、眠るのも薬になるかもしれませんね。
果ては、愛情や信頼、知能までも薬で買えるようになるのかもしれません。そう考えると何と味気ない世界でしょうか。いや、恐怖かもしれません。
これから薬との関係を今一度じっくり見直す時がきているのかもしれません。

薬(やく)は厄にもなれば、役にもなる。
すべては使う側の意識の問題です。
私たちは薬を試しているように見えて、ある意味では薬に試されているのです。
# by asakura_h | 2009-12-11 17:58 | コラム