地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
40周年を迎えて
いよいよ今年は開院40周年を迎えることになりました。
これも患者様、またそのご家族様、病院スタッフ、病院を支援してくださる多くの方々の力添えがあってのことであり、紙面を介して深く感謝申し上げます。

当院を開院したのは昭和43年で、これから高齢化社会を迎えることが叫ばれた時代でした。
当時は公的には東京都に老人医療センターがありましたか、それ以外には、東京の清瀬に結核病床から移った老人病床を有する病院があるくらいで。
本格的に老人専門の病院として産声をあげたのは、当院が全国でも初めてだと記憶しております。
それも高齢化率の上位をひた走る高知県の特性といえばそれまでですが、中には、「老人を診て一体どうするんだい」という声があったのも事実であり、その一歩足を踏み出した先代の苦労も伺い知れます。

当初は、姥捨て山のような感覚だったかもしれません。
当然、施設も今のように充実していない時代でしたから、社会的ニーズも高く、ずっと満床状態が続いていました。
中には少数ですが、社会的入院に近い方もおられたと記憶しています。

それから40年が経ちました。
介護保険制度も始まり、各地に施設も充実し、病院の役目も随分と様変わりしています。
入院患者様の重症率も高く、いつでも入院を受け入れられるようにベッドを空けておくようになりましたし、介護度も随分と高くなりました。
さらに、在宅復帰への支援部門も一層充実していくことになりました。
ある意味では、ひとつの転換点を迎えていると言ってもいいと思います。

40歳と言えば、昔の言葉にあるように「不惑」の年といって惑いのない年で、どっしり構えておけば良いはずですが、グローバル化の波も押し寄せ、現代の40歳でそんな人はあまりいません。
それと同様に、医療介護の世界でも生憎と国の側度がころころ変わり、40周年とはいえ、我々も悠然と構えてはいられない情勢であります。
何より変化に対応していかなければなりません。
と書きつつも、変化も楽しいものではないでしょうか?
「不惑」なんて無理なら「惑」のまま楽しむというのも一案です。
おまけにもう一つ「わく」をつけ加えて「わくわく」というのはどうだろうか?ということで今年は「わくわく元年」にしたいと思います。
その一環で今年の9月10日にはオレンジホールで、高知大学医学部老年病科前教授であり、現在名誉教授の小澤先生、現教授の土居先生、京都大学東南アジア研究室教授の松林先生、作家の渡辺淳一先生を迎えて、「超高齢社会の生き方を探して」をテーマに無料で公開市民講座を開きます。皆様方にも奮って参加していただき、話の内容に「わくわく」していただきたいと思います。

最後に、確かに時代は変われども、安心ある医療を提供することには変わりありません。
何しろ、医療は健康で安心して働ける社会のために、最も最も基本的なシステムであり、これから先も豊かな超高齢社会を築けるよう、力の限りサポートさせていただきたいと思っています。
[PR]
# by asakura_h | 2008-08-11 17:27 | コラム
今年は「おなかかじり虫」だ!!
昨年は、お笑い芸人の「オッパッビー」や宮崎県知事の「どげんかせんといかんです」、「鈍感力」など多くの言葉が流行りました。
「オッパッピー」などは自分の子供達がしきりにやるので、覚えるつもりがなくても、自然と覚える羽目になりましたが、中でも特に私が印象に残っている言莱は「おしりかじり虫」でした。

皆さんご存知でしょうが、NHKに「みんなのうた」という番組があります。
この番組は、昭和36年に放送開始して以来、数多くの歌を世に送り出してきましたが、なんと最初の歌は「おお牧場はみどり」だったそうです。
この歌は小学校の音楽の教科書にも載っているので、同級生たちと一緒に歌われた経験がおありの方も多いと思いますが、いわゆる小学校唱歌のスタンダードであります。
その後も、「山口さんちのツトム君」や「およげ|たいやきくん」、「だんご3兄弟」などのヒット曲を世に送り出している、実は、侮れない流行歌発信番組なんです。

あれは昨年の夏の夕食時でした。
最初に耳にしたのが美しい曲でしたので、「さすが」NHKみんなのうただ」と心和やかな時が訪れ、今日も無事に一日が過ぎ去った喜びを感謝に変えようとした矢先に突然、「おしりかじり虫」というフレーズが飛び出しました。
その瞬間、思わずズッコケてしまいましたが、不思識なことに番組が終わった後もしばらく頭の中に「おしりかじり虫」のフレーズが鳴り響いているのです。
おしりかじり虫~おしりかじり虫~…って感じで、どうやら脳内感染したようです。
正確に言えば、脳内パラサイト(寄生)でしょうか?
こんな経験をしたのは自分だけではないようで、瞬く問に全国的に大ヒットしました。
恐るべき脳内パラサイトです。

実はこの「おしりかじり虫」、30年ほど前に漫画「ダメおやじ」で有名な漫画家、古谷三敏さんが作ったバージョンがあり、パクリ疑惑も出ましたが、そういう批判をもろともせず、しぶとく生き残りました。
おかげで、今では色んなバージョンがあるそうです。
例えば、「おつむかじり虫」「オッパイかじり虫」はたまた進化して「しゃぶり虫」という具合です。
まあ、これらは無害ですが中には有害なものもいるようです。
地方を疲弊させていく「田舎かじり虫」、原油高騰で家計の出費をかさませる「家計かじり虫」、殺伐な事件も多く起きていますが、人の心を奪う「心かじり虫」なんかもそうです。
また、ニートには「親のスネかじり虫」、過剰なダイェットの女性や高齢者には「骨かじり虫」がウヨウヨ…聞くだけでも殺虫剤をかけたくなります。
が、ご安心ください。中には有益な「虫」もいるようです。

さしずめ、運勁不足で飽食、お腹がでっぷりと膨れたメタボリックシンドローム寸前のあなた、「おなかかじり虫」はいかがでしょうか?
というのも実は、今年の4月から『特定検診』というものが法律で義務付けされ、危険な脳卒中や心臓疾患に直結するメタポリックシンドローム撲滅運動が本格化します。
当院でも、今年からそんな「おなかかじり虫」を“飼育”して活助させようと思っています。
お腹をスッキリさせたい方、是非お腹を張らして朝倉病院の外来へいらしてください。
たっぷり!かじります。
[PR]
# by asakura_h | 2008-04-11 14:19 | コラム
一日一練、日々是無理せん(いちにちいちれん、ひびこれむりせん)
秋も急に深まってまいりました。
そろそろ一年を締めくくる季節が来ようとしています。
今はその前の一服といった季節でしょうか?皆様はスポーツに読書に、それぞれの秋を演出されていることと思います。
この秋、朝倉病院内でも卓球大会が始まりました。
昼休みの時間を利用し、部署対抗リーグ戦を来年三月まで行うという、壮大(?)な大会です。
職員が親睦を深め。熱職が繰り広げられることを願うと同時に、ケガには十分注意してもらいたいものです。

というのも、最近、当院および関連施設の職員に大小さまざまなケガが頻発しています。
自転車から転倒して骨折したとか、自宅で無理な体勢で物を避けようとして転倒し打撲を負ったり、急に体を動かした時にギックリ腰を起こしたとか。
この一カ月で四件ほど、それも些細なことからつながっているようです。
共通点は五十歳あたりの年齢です。

まず、考えられる原因としては、自分自身の運助能力に対する過信かもしれません。
総じて自分がイメージする力よりは体は衰えていくものですか、この年代は気持ち的にも活発なために、イメージと実際の運動能力とのギャップが大きいのかもしれません。
あるいは注意力の低下という脳年齢の低下も始まっているのかもしれません。
つまり、老化現象が目立ってきたということでしょうか?いずれにせよ、自分が思う以上に体は言うことを利かなくなっていることの自覚は必要です。

そういう私も体育の日にジムで簡単な体力測定を試してみました。(ちなみに四十九歳)
その中に目を閉じて立ち止まって足踏みを五十回する、筋肉のバランスをみるテストがありました。
同じ場所からどれくらい離れるかというのが判断基準ですが、そのことに注意を向けてやってみたのですが、いざ目を開けてみるとピッタリで、元の場所から五十センチぐらい離れていました。
結果は六十歳台で、思った以上に体力は落ちていました。(ちょっと落ちすぎか…)

それ以来、傷心の日々で…というのは冗談ですが、なんとか運動する機会を持つよう努力することにしました。
やはり現実を数字で突きつけられると嫌なものですが、逆に気持ちを切り替えると、数字は指針になり「やる気」に変わるものです。
ですから最近は、最低でも週一回は水泳をするようにしています。

ところで、高齢の方の転倒原因にもこのギャップが多いそうです。
例えば、足を上げる動作などでも、本人が思っているほど上がっていないそうです。
だから、つまづいて転んでしまうということかよくあるのです。

このギャップを埋めるにはどうするか?やはり、運動して体のレベルを頭に覚えさせる必要があると思います。
いわゆる脳と体のコミュニケーションです。
その意味では、日々の運動を続けていくことが大事だと思います。
何も構えて私のように泳いだり、あるいは気張って毎朝ジョギングをしなくても、毎日のちょっとした運助も効果があるということです。
ですから、一日一善ではないですが一日一練(練習)、日々是決戦ではないですが日々是無理せん程度の運動をお勧めします。

もし、一人でするのが大変だと思えば、集団で時々やるのも効果があります。
さしずめ「いきいき百歳体操」などもお勧めです。
皆でやるとおっくうでないということでしょう。
当院でやっておりますので、気楽にご利用ください。笑顔で職員がお待ちしております。
[PR]
# by asakura_h | 2007-11-11 14:19 | コラム
2006年度の医療白書を一読しての想い
最近、2006年度の医療白書が発光になりました。
これは県別に2005年の平均余命や疾病率をまとめたものです。
それによると、高知県では男性の平均余命が全国最下位。女性は中ほどでした。
心筋梗塞、脳卒中の疾病率や新生児死亡率は全国一高く、糖尿病はかろうじてビリから4番目という成績です。
これは言い換えると、高知県では男性が疾病率を上げて全体の平均寿命を引き下げているということになります。

その原因として、外食率が一番高いことや共働きの割合、離婚率、飲酒率が高いことも影響しているかもしれません。
また、環境の要因もあると思います。
朝昼の気温差が大きいことも体によくありません。

しかし、そのほかにも、健康診断の受診率が全国一低いことや新生児の死亡率が一番高いことを考えると、男女共に健康に対する意識が乏しいと言わざるをえないのではないでしょうか。
中でも特に男性にその傾向が顕著だというのが上記の結果でしょう。

人口あたりの病院数が全国一多い高知県の特質が活かされていません。
病院数は多いけれど、一人一人の衛生観念が低く健康管理が十分行き届かなかったのかもしれません。
しかし、白書の結果をふまえて、私ども病院で働く者は。県民の皆様の健康意識向上のお役に立てるよう、本格的に早急に行動しなければなりません。

確かに、高知県の平均寿命が低いとはいえ二歳程度の差ですから、それほど大きいものではない、と考える方もいらっしゃると思います。
しかし、私は敢えてその二年を大事にしたいと思います。
というのも、私は先日亡くなられた重症疾思の方の言葉を思い出すからです。
「もう少し長生きできれば、孫の就職した姿が見られる。それまで何とか頑張りたい。」
その言葉をです……。

皆様おひとりおひとりの健康のため、ご家族の幸せのため、私ども病院がお役に立てればと思います。
[PR]
# by asakura_h | 2007-06-11 14:15 | コラム
2007「命」を大切にする国へ
昨年は理事長就任一年目ということでしたが、
多くの方々に支えていただき、無事乗り切ることができました。感謝申し上げます。

それにしても最近思うことは、2006年「今年の漢字」として選ばれた「命」が象徴するように、あまりにも命が軽く考えられている風潮です。
自殺者も多いです。
我が国は世界でも十番目に自殺率が高く、アメリカの約二倍にも達するそうです。
ささいなことで命が奪われる事件も多発しています。

医療についてはどうでしょうか。
実は危惧することがあります。
経済社会ではどうしてもグローバリズムに合わせた競争力強化へと目がいき、効率化の号令ばかりで、国民の命を守るはずの医療がともすれば抑制されてしまう方向に進んでいる様に見えることです。
まるで効率化の名のもとに命が追いやられるかのようです。
更に気になるのは、私たち一人一人もそんな効率化の渦に巻き込まれて、知らず知らずのうちに人として先ず尊重すべき事をないがしろにしてしまっていないか、と思うことです。

ドイツの作家ミハエルエンデの小説に「時間泥棒」というものがありました。
効率よく時間を使おうとして、却って時間に追われることを皮肉った話です。
効率化の波に押されて命を軽く考える事で、結局は自分たちの命が危険にさらされる、
ということを揶揄しているようにも取れるのですが、いかがでしょうか。

昨年の学校のいじめ問題の記事の中で、「人を殺すことがダメだ、と説明できない」と言う先生の話が掲載されていました。
冗談じゃないと思いました。
なぜ人を殺すことがいけないかって?人を殺す社会は自分も、家族も、仲間も簡単に殺されてしまう社会です。
人を大切にする社会は自分も、家族も、仲間も大切にしてくれるものです。
自分がしている事や考えている事は、結局、いつか自分に跳ね返ってくるものではないでしょうか。

年頭の挨拶としては少し堅いものとなりましたが、今年一年が昨年とは打って変わって人の思い、尊厳、命が大事にされる社会であるべく、私ども朝倉病院も一所懸命に自らの役割を肝に銘じ邁進していきます。
[PR]
# by asakura_h | 2007-02-11 14:12 | コラム