地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
顔を隠して尻隠せず
 今年はちょっとした尻ブームのようです。
 よく知り(尻)ませんが。
 そう言えば、女性有名人がSNSで自分のお尻の写真をアップして、尻自慢をしているという記事も目につきました。
 よく知りませんが。
 一方、NHKで”お尻探偵”という番組を放送しだしたので、さすが流行に敏感な日本放送協会かなどと考えていたら、これは何年前から人気漫画だったとか、たまただ尻ブームと重なったということでしょうか?
 よく知りませんが。

 それはともかく、お尻に注目が集まるのはいいことですね。
 というのも、お尻はなんだって人体最大の筋肉、大臀筋を中心として、中臀筋、小臀筋でなりたっている体を支える重要な部分。
 この臀筋群の老化が寝たきりにつながりやすいのです。
 臀力(でんりょく)を保ちましょう。

 また、若い時から尻は意識していないと筋力も低下しやすいようです。
 この筋力の低下で姿勢も悪く、前屈みになると、ますます筋力は低下し、さらに前屈みになるという悪循環に陥ってしまいます。
 この悪循環を立つ為には、普段から尻を鍛える運動が大事ですが、運動の時間がなければ、歩き方で尻に負荷をかけることが必要です。
 特にぼやぼや歩いているような歩き方だと、尻の筋肉はほとんど動いてません。
 比較的大股に、自分の身長から一メートルひいたぐらいの歩幅がいいそうです。
 それで早歩きぎみにすると、お尻にも適当な負荷になるのです。

 これで意識的に姿勢を立てるようにすれば、見栄えもよくなります。
 姿勢がいいとより美しく若く見えるようですから。
 まずは尻から鍛えていくのが、若さの秘訣(秘尻)です。
 とかくシミやしわを取ることとか、顔の若さにはついつい目がいきがちで、尻には注意がいかないものですが、この尻の筋肉低下は案外、見た目に年をかんじさせるものです。
 プリンプリンとした尻の維持まではいかなくても、梨のようなひらべったいお尻は避けられるだけでもいいですね。
 
 頭隠して尻かくさずじゃないですが、顔を隠して尻かくせずです。

 
 





[PR]
by asakura_h | 2018-11-11 14:22