地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
これからの老後は”新はちきん”でいこう
 ”はちきん”というと、土佐弁ではちきれんばかりに頑張る土佐の女性のことをいいます。
 意味は男の八個分の金玉を持つバイタリテイのあるという意味のようですが、それはともかく、これからの超高齢社会、お年寄りが当たり前の社会で、老後の生活は何が大事か?考えみたら、浮かんだのが、新しい八つの”きん”の”はちきん”でした。

 まずは筋肉の筋。
 勿論骨も大事ですが、鍛えてそんはないのが、筋肉。
 これが衰えると、寝たきりになりやすくなりますからね。
 運動、特に無理のない有酸素運動は必要です。
 その為には、普段から供給源のタンパク質はきちんと取り、その吸収を助ける野菜、ビタミン、ある程度の糖質などを摂取することは大事です。
 ようするにバランスよくとりながら、比較的タンパク質はを重要視するということでしょう。

 二番目がやはり金は必要です。
 あるにこしたことはないですが、最低限はどうしてもいります。
 今の年金制度で基礎年金は同居を規準にしてますから、これを生活費にするときついかもしれません。
 それを補うには第三のきんが必要です。

 三番目が勤労の勤。
 仕事がある方がやりがいが生まれます。
 金に余裕があれば、勿論ボランテイアだって、立派な勤だと思います。
 自分が必要な場所を持つことですから。

 四番目が近所の近。
 近所の人というか、身近な人とうまくやっていくことが重要ですね。
 人とのつながりを大切にするという意味でもです。

 五番目が菌。
 これは特に腸内細菌や皮膚にいる常在菌など。
 人間というのは菌の助けてうまく健康を保っているので、うまく菌と共生することが大事です。
 例えば、腸内細菌は免疫を高め、長寿の秘訣、炎症を押さえたり癌化を防いだりして、若く健康の秘訣といってもいいかもしれません。
 その為には、筋ともかぶりますが、乳製品などでいい菌を育てる食事を取りましょう。
 いい排便はいい指標になります。
 
 六番目は均が大事でしょう。
 この均は偏りなくバランスよくという意味ですね。
 心も体もうまくバランスよくすることが大事かなと思います。
 特に性格は高齢だと極端化しがちです。
 そこを意識して、押さえることも必要かと思います。
 先ほどでた食事も運動もとり過ぎ、やり過ぎも注意です。
 人とのつきあいもバランスよくできればいいですね。

 七番目がやはり今という意味でのきんですね。
 高齢だと、膨大な過去や思い出もあるのでついつい過去に浸りやすくなりますが、大事なのは今、その今を楽しみながら過去も楽しむのがいいかと思います。
 それに過去の思い出に浸りすぎると、いやなことを思い出したりすることもありますしね。
 いやな思い出も今が楽しいと教訓になります。
 
 最後の八番目が謹しむという意味でのきんでしょう。
 ついつい今時の若い人とか、昔の自分の自慢話になりがちだけど、そういうのはうざったがられるだけですね。
 我が道をいくというのも勝手ですけどね。
 変に若ぶってぶっ飛ぶより、謹みがあった若ぶりがいいかなと思ったりします。
 
 そんな筋金勤近菌均今謹の八きん、いかがでしょう?
 
 

[PR]
by asakura_h | 2018-10-30 20:18
トサノバ(新しい土佐)
 10月は学会のシーズンで、全日本病院協会(全日病)の学会が6、7日に東京、慢性期医療学会が11、12日に鹿児島、老人保健施設の全国大会が17、18日に埼玉であり、それぞれうちの職員達とともに出席しました。
 どの学会も趣向を凝らして、内容も充実しているので、見ごたえ聞きごたえ歯ごたえ十分です。
 歯ごたえというのは、終わった後に、その地域のおいしいものも味わえるからですが、舌ごたえと言ってもいいかもしれません。
 特に職員にはこういう体験は少ないか皆無かと思うので、有意義な時間だったと思います。
 そもそも日頃の仕事に追われていると、ついついそれで満足しがちになりがちです。
 こういう場で新しい情報に触れて、他の病院や施設の取組で自分達の足りない部分を直接認識できることは意識改革につながります。
 できるだけの多くの職員に参加してもらいたいと改めて感じた次第です。

 そんな大会にも懇親会があったりしますが、印象的なのは全日病の学会で、浅草で行われるリオのカーニバルに出演する、超短めのカラフルな水着に、グラマラスな体むき出しの女性ダンサー達が、突然の音楽とともに乱入し、会場は大興奮。
 さらにそのセクシームード満載のダンサーの誘惑に、中にはステージにあがって一緒に踊らされた大会のメンバーの方々もいて、大いに盛り上がりました。
 でも、個人的には、印象深いのはダンサーよりも、演奏された曲、実は大好きな曲だったんです。

 マシュケナダという曲で、ジョルジ・ベンジョールというブラジルのシンガーソングライターが作り、同じくブラジル出身のセルジオメンデス66が歌って、1966年に世界的なヒットをしました。
 ピアノのイントロに続き、オーーアリーアアイオという歌詞で始まり、独特のメロデーとサンボのようなメロデイの曲。
 こんなことを書いても百聞は一見にしかず、いや百文は一聴にしかずですが、聞けば誰でもあの曲かと思い出すこと間違いない曲です。

 このオー・アリーア・アイオというのは、アフリカのガーナ辺りで使う”ようこそ”とかいう、いわば挨拶の言葉のようです。
 このあとに続くオバーオバーオバーというのは、愛の神様という意味で、合わせて”愛の神様、我が家でようこそ”のような意味になるようです。
 またマシュケナダというのも、ポルトガル語の俗語で様々なシチュエーションで使う言葉で、挨拶として、”なあ、どうだい”とか、返事として、”勘弁してくれ”、”ありえない”という意味のようです。
 日本語の”どうも”のような、変幻自在な言葉なのかもいしれないですね。

 聞けば聞くほどいい曲で特にこんなお祭り気分には最適です。
 時にオバーオバーというそばでおばさん達も多くいたので、意味を知らない方はオバさんのことを歌ったと思ったかもしれません。
 そんなことはないか。
 個人的にはこの曲はボサノバと思っていましたが、実はボサノバより、サンバにより近い曲のようです。
 この違いがよくわかならいのですが、ボサノバが大好きな自分としては、ボサノバの一つと今でも勝手に思っています。

 とにかくボサノバはいいですね。
 カフェが好きなので、カフェによく出没するのですが、ボサノバが流れると、なんとなく自由度が増したような開放的な雰囲気がしてきます。
 このボサノバは知っている人も多いでしょうが、カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルトによって1958年にできた、今までのブラジル曲を一新する形で登場した音楽の一分野、新たなハーモニーとリズムとメロデイー、そう書くと、どんな曲も当てはまりそうで困りますが、一応そうです。
 意味はポルトガル語でボサが傾向、ノバが新しいという意味で、ボサノバとは”新しい傾向”とか”新しい流れ”になります。
 ラテン系の言葉は形容詞が名詞のあとにくるんですね。

 有名な曲は何と言ってもイパノマの娘、女性ボーカルとメロデイーに痺れます、と説明してもなかなか伝わらないですが、ボサノバの存在を世界に知らしめた一曲です。
 それと1960年代半ばのクロードルルーシュ監督の”男と女”という映画で使われた、ダバダバダという歌詞で有名なフランシス・レイによるテーマソング。
 この二曲の大成功が世界的知名度獲得には大きいですが、個人的にはジョビンのウェーブもいいですね。

 それにしてもリオのカーニバルはなんだか、よさこいと似ているように感じました。
 南の雰囲気が共通のするのか、なんとなくごった煮として感じが似ているのか?
 大阪人が気質的にイタリア人と似ていると言われたように、高知県人はブラジル人と似ているのかもしれません。
 根拠はないけど。

 おかげでボサノバみたいな曲でも作ってみたい気になりました。
 高知のよさこい節がはいったようなボサノバ。
 タイトル?それは勿論、トサノバ、意味は新しい土佐でしょう。
 土佐の場という意味でも。
 出だしはオー・アリャア・アリャア、オジンオジンオジンでどうでしょうか?



[PR]
by asakura_h | 2018-10-23 16:43