地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
クロにもいろんなクロがある
昔、一人の黒人の方を高知市内で見かけた時は、本当に色が黒いと実感しましたが、その黒人がさらに色が黒く、それも墨のように黒い黒人の方が合流した時は驚きました。
黒人の黒さにもいろんな程度があるんですね。

そんな黒で最近悪名高いのが、低賃金で従業員をこき使うのが定番のブラック企業。
今ではすっかり知れ渡った感がありますが、中には案外知られてない“隠れブラック企業”ならぬ“隠れブラック職場”もあるそうです。

例えば県庁。
以前からの9時から5時で仕事が終わるイメージを持つ人も多いかと思いますが、時間外労働も多いようです。
おかげで仕事に追われるせいか独身男女も多く、県庁内で婚活パーティが必要とか?
“縁結び課”を作って、まず最優先は県庁内だなんて話も聞きます。

反対に“言われなきブラック職場”というのがあるとすれば、介護の現場ですね。
きつい、汚い、給料が安い、3Kと言われますが、実際はマスコミが報道するほどひどくありません。
特に高知県では、平均年収が200万円程ですから、250万円も得ている介護職は、平均より上です。
この給与では、平均年収400万円の東京からすれば確かに見劣りしますが、地方では決してブラックではありません。

それにしても中国のブラック企業はもっとすごいようです。いつの間にか臓器をとられたとか?いやはやブラックにも上には上がありますね。

このブラック企業とは反対に、職員の待遇を良くして働きやすい職場を実現し、離職率も少ないのが、ホワイト企業、今ではホワイト企業ランキングさえあるそうです。

確かに職員を雇い教育することは、多大な労力がいりますから、高度な仕事であるほど、ホワイト化が必要ですが、少子化の影響で単純で代わりがすぐ見つかる仕事にも、働き手がいないようです。
コンビニなどは、外国人、特に中国人留学生が増えています。
専ら、彼らの間で人気がないのがセブンイレブン、原因は忙しいからみたいですが、さすがの中国流仕事術ですね。

こうなれば、ブラック企業のある程度ホワイト化は必要でしょうが、もっともホワイトだけなら、企業は下手すれば潰れてしまいます。
やはり企業はブラックな面とホワイトな面の両方が必要なのです。

お金にシビアなブラックな感覚と、職員待遇改善をするホワイトな感覚、この両者のバランスをうまく取るところ、混じったグレーじゃなく、メリハリの利いた白黒に経営の妙があるのではないか?と思ったりします。
結局どちらか一方に流れるのは楽ですよね。

クロ、あえてカタカナでかけば、世の中いろんなクロがあります。
今は女性の髪は黒髪が人気で、新しい黒髪でシンクロと呼ぶとか?
アベノミクスも安倍首相と黒田総裁のアベクロ、アイドルではももクロ,相変わらず人気はユニクロ、その流れでは、企業(職場)はブラックでもホワイトでもなく、やっぱりシロクロ、いわゆる”モノクロ”ですよね。
[PR]
by asakura_h | 2015-06-13 12:30