地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
今夜はソッチのけ?
この2月は、ソチの冬季オリンピックで、重要な競技の開始時間が明け方近くだったこともあり、あいにくライブで見ることが少なく、朝、目が覚めてテレビを見ると、メダル獲得で大騒ぎになっているという、ある意味で“浦島太郎状態”が続きました。

今回のメダル獲得数は男子が多いので、男高女低ですか?
確かに、長野オリンピックを除いて最多のメダル数というけれど、競技の数も増えるし、そもそも初めて知った競技もありました。
大概が曲芸的なものが多いというか、おいそれとはできないですね。
ハーフパイプなんて、どうしてこんな競技を考え付いたのか不思議なくらいです。

そんな中で、偶然見ることができたのは、9時頃からうたた寝してしまい、夜中2時頃にたまたま目が覚めた時に見た、女子フィギュアのフリーだけでしたが、損はなかったですね。

浅田真央も渾身の出来栄えだったのですが、他の選手のレベルも高く、ほとんどミスをすれば負けという緊張度の高い戦いは、見応え十分でした。
キムヨナも出来栄えは良かったのですがインパクトに欠け、逆に躍動感のあったソトニコワが金メダルというのは、採点に色々批判がありますが、素人目には納得な感じでしたけどね。
下馬評ではキムヨナ、浅田、リプニツカヤでしたが、それ以外に怖い選手がいるとは・・・。
まさに“外(ソト)に怖(コワ)”でした。

それにしても、アメリカのグレイシーゴールドとかいい、女子フィギュアだけじゃないのかな?この五十半ばの自分からすると、未だに大人の女性らしさを感じる競技というのは。
女子体操などは、小学生の雑技団的な印象が強いですし、女子フィギュアはそういう意味でも貴重な種目ですよ。

また最近、テニスの伊達公子選手やサッカーの三浦知良選手のような熟年パワーが目立ちますが、ジャンプの葛西紀明選手の銀メダルも圧巻ですね。
もともと、ジャンプをすること自体が凄いですから。
一度、札幌オリンピックのジャンプ台がある大倉山シャンツェの頂上から見下ろしたことがありますが、卒倒しそうでした。

その上、あの年齢、大体歳を取ると恐怖感が強まります。
あの“喝”で有名な張本氏は引退の理由が、向かってくるボールが怖くなったからと言いますからね。
それで実際にメダルを取ってしまうなんて、いやぁ、御見逸れ致しました。

最後に十代のパワーも強烈でしたね。
男子ハーフパイプの平岡・平野選手、男子フィギュアの羽生選手、こちらは無垢の強さですかね。
ただ、メダルと騒ぐけど、メダルなしでも一歩間違えれば、事故で容易に死や身体に障害を負ったりしそうな種目だけに、参加するだけでもメダルの価値はありそうですけどね。

これでまだパラリンピックがあるんですか?
なかなか“今夜はソッチのけ”という風にいかんですね?
[PR]
by asakura_h | 2014-02-28 17:00
そんなに早く春は来るもんか!だから絆より手綱
今年の干支は午(うま)ですが、目が悪いと“牛”と見間違えそうです。

昔の人は、牛から角を取ったら馬と考えたとか?
逆に、馬に角をつけて牛かもしれませんが、まあ、どっちでもいい話なんですが、そんな午年の馬は正念場(馬)と言えそうです。

昨年から始まったアベノミクスも二年目です。
早速、成果が問われることでしょうが、予想通り輸出も伸びていない上に、4月からの消費税アップの影響もあるから、思いっきり馬脚を表すかもしれません。
すでに出していると言えるかもしれませんが、まさに正念馬ですね。

もともと、安倍政権の経済対策は矛盾しています。
デフレからの脱却、つまり給料を上げて購買力を増やし、景気の好循環を作るらしいですが、同時に給料が下がる、または格差が広がるグローバル化の代名詞であるTPPを推進していますからね。
さて、どうなるか?

一方、今週末は東京都知事選の投票です。
脱原発を焦点に、細川・小泉コンビが街頭演説で大人気ですが、世論調査では舛添候補がリードしているようで、このまま勝利すると原発承認ムードもありですかね?
細川候補で脱原発が注目されるのはいいですが、脱原発候補が分裂させられ、案外自民党の別動隊だという疑惑もあるとか?
いよいよ脱原発も正念馬でしょうか?

また、こっちの話もあればソッチじゃない、ソチのオリンピックもいよいよ開催されます。
ロシアのテロとの戦いの象徴で、もっとも危険なソチで開催するというのも凄いですね。
いっそのこと、シベリアの奥地で戦いをスポーツで決めてくれ、なんて無理でしょうね。
真っ白な雪に流血だなんて、最悪な組み合わせですが・・・。
歯磨き粉爆薬に注意とか、今年のオリンピックは始まる前から、すでに正念馬です。

さらに、インフルエンザやノロウイルスの流行もあれば、花粉症の季節が早くも到来とか?
今後、増税やTPP問題の決着もあれば、6月にはサッカーワールドカップ、年末にはさらなる消費税アップの判断と、中国や韓国との外交問題等もあり、正念馬が続きます。
果たして乗り切れるか?落馬するのか?手綱さばきが大事でしょうね。

そう言えば、当院のプロジェクトである「おもてなし」も二年目を迎えて正念馬です。
“二”というのは大事な数ですね。
芸能界でも一発屋はいますけど、二発屋はいません。
二発当たれば、何とか食っていけるということです。
ちなみに三発当たれば、”散髪屋”?ひょっとして市民権まで得られる?
それは冗談として、確かにホップ・ステップ・ジャンプの三段階は成功への道筋ですからね。
その二発目としてのステップ段階は重要です。

それにしても、いよいよ寒さも厳しくなり、冬の正念場ですね。
数日前は、4月のような陽気でしたが、そう簡単に春は来ないでしょう。

今年は「絆」も大事ですが、「手綱」ですね。
ひとつ、ウマいコントロール、願ってます。
[PR]
by asakura_h | 2014-02-07 17:00