地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
土佐バカ日記1 秋楽図鑑
いよいよ10月も終わろうとしています。
まだ少し暑いと感じていた日差しは、いつの間にか冷たい空気にとって代わり、特に朝晩の肌寒いこと。
高知の秋もいよいよディープですね。
そんな秋を楽しんでみました。

21日の日曜日に、県立美術館へ県展を見に行きました。
開催最終日ということもあり、お客さんもそこそこ賑わっていました。

最初に現代アートのコーナーを見ました。
現代アートといえば、音楽でもただピアノを置いて人を集め、何かを演奏するものかと思いきや、ピアニストがピアノ自体をタクトで叩いて音を出して、これが新しい音楽だと言ったり、何とも意味不明なイメージです。

入ってみると、思った通り、中にはガラクタを何個か置いたような、意味不明瞭の作品がありました。
思わず中の部品の一部を、少しずらしたい欲求に駆られました。
少しずらすと作者が怒鳴り込んでくる、実はそんなパフォーマンスも作品だというのもありかな?と思ったり、反対に配置が却って偶然にも素晴らしくなり、いきなり特選に再度選ばれたら困る、などと色々妄想しているうちに、足が勝手に過ぎ去ってしまいました。

それにしても、さすがに特選に選ばれた作品はすごい。
Keichou(傾聴)というタイトルで、沢山の二枚葉に覆われた木から、数枚の二枚葉が空中に飛び立ち、次第に二つの耳が合体したように変化していく過程が描かれ、何ともユニークな発想の作品でした。

その後は、油絵等のコーナーを見ましたが、やはり特選ともなるとその画力は違いました。
心に何らかのインパクトを残していく、それだけでも見た甲斐があったというものです。
県展、なかなかいけますよ。

一方、読書では、孫崎 享氏の「戦後史の正体」が面白かったですね。
ネットでの評判を見て、以前に購入していましたが、いつの間にかベストセラーになっていたので、慌てて読みました。

内容は日本の政治家、特に首相をアメリカ追随派、自主独立派に分けてみると、案外すっきりと日本の戦後の流れが分かるという代物です。
あの田中角栄が、アメリカに嵌められたというのも事実だった。
岸信介は、ただのアメリカ追随派ではなかった。
吉田茂は、アメリカに対峙していたように見えたのはポーズだった等、外交官であった著者だけに説得力がありました。

ふと裏を考えると、この本がどうしてこの時期に出版されたのか?
背後に何か政治的意図があるのではないか?
特にこういう本を読むと余計にそう感じるのは仕方ないかもしれません。
ただ、一般的にいくら感心しても、本は一歩引いて見ることが大事でしょうね。

そうは言いながら、読んだ後に、ついつい誰かに紹介したくなる本には違いありません。
読みやすく、秋楽にお気楽な一冊です。
[PR]
by asakura_h | 2012-10-27 12:30
iPS細胞で思い出すこと(研究者ハードボイルド物語)
京都大学の山中教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の発見?発明?で、ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

これで、病気の治癒や若返り等、バラ色の未来を描いた方もいれば、悪用による悪夢の未来を想像した方もいるでしょう。
そう思わせるほどの研究は、ワトソンとクリックによるDNA構造の決定以来ではないでしょうか?

それにしても、研究成果に至る道のりは大変だっただろうと思います。
それは、山中教授と同様に好青年で、神戸大学医学部を卒業、京大の大学院に進学し、記憶の研究をしていた知人を思い出すからです。
彼の話によれば、その当時の(今は違うでしょうが)研究室では女性がおらず、男性中心でたまに数人の女性秘書さんが研究室に来ると、蛇が舌で舐めるように異様な視線を感じて、とても嫌だったそうです。

また京大ともなると、すごく優秀な学生も当然いますが、それがすごく躁鬱が激しく、躁状態で一週間徹夜したかと思えば、翌週は鬱状態で引きこもったままになる学生もいたりして、付き合ってみると大変だそうです。

さらに研究室のディスカッションは、誰が言ったかというのが重要で、自分が心の中で思ったことでも他人が言ったことで成果が出ると、他人のアイデアでやったみたいな言い方をされるそうです。

ただし、あまり自分のアイデアを言い過ぎると、却ってそのアイデアを盗まれることもあるので要注意だそうです。
そんな時は自分が主張したらいいと思いますが、その場合でもよりいいアイデアを加え出されたりするので苦労するそうです。

何しろ研究とは、個人技そのものです。
プロ野球では勝利という目的のためにチームワークも必要ですが、研究は各々がテーマを持ち、より個人が強くなります。
研究室によっては、目標がはっきりしているところもありますが、ただの雑用業務をさせられたりと、それはそれで問題もあります。

だから研究は、個人が自分のアイデアで作り上げるもの、アイデアのぶつけ合いが研究の真骨頂でしょう。
それこそ、「二番ではダメなのか」と言った国会議員もいましたが、オンリーワンの戦いなので、一番しかない世界なのです。
だからこそ、厳しいし素晴らしい成果を出すとも言えるのです。

そして、中には人格が強烈な方もいるようです。
同じテーマの研究をしていた、ノーベル賞を獲得した利根川教授から、「この研究は俺がもうやっている、諦めろ」みたいなFAXが届くこともあったそうです。

知人はまだ三十代後半にして、病気で亡くなってしまいました。
ストレスだったのかな?
今は研究室にも女性が入り、雰囲気も随分と変わっているかもしれませんが、レイモンドチャンドラーの作品の言葉にならえば、研究者はタフでないとやっていけません。やさしさは・・・あったらいいですね。
[PR]
by asakura_h | 2012-10-20 12:42
温故知親
高知赤十字病院では、国立高知病院と同様に年に一度、関連の病院関係者を集めて講演会を開いていますが、普段見えない地域連携室の方や、医師、看護師の方々と顔が見える関係ができるのを楽しみに、今回も参加しました。

講演は(株)リナックスカフェの平川社長で、自身の父親の介護体験談でした。
平川社長は、父親と長年確執があったようですが、義務感から父親を介護することになり、介護の意味を考えるようになったそうです。

介護では、親と濃厚に接しますから、改めて親が自分とよく似ていること、また、親が亡くなっても自分が親を伝えている事を再発見、これを「俺に似たひと」という著書としても発刊しています。

ということは、当然、自分自身も子供達を通して伝わる。
結局、自分の死後も自分が伝えられていくことで、死に対する恐怖も和らぐようなことを感じたと言っていました。

そのことから、介護の意味を模索されたようですが、結論として、介護は生前供養じゃないかという考えに至ったそうです。
その過程で、父親に対して抱いていた確執が、取るに足らないものに思え、親子の絆を取り戻されたようです。

確かに介護は大変です。
日常に埋没すると、なかなかその意味を発見することは困難です。
平川社長のように、客観的に見る視野の広さが必要かもしれません。
生前供養とは確かに言い得て妙、多くの介護する方々にとって参考になるのではないかと感じました。

では、「介護に携わるあんたはどう思う?」と聞かれたら、映画、ラブストーリーの有名なセリフ、「愛とは決して後悔しないこと」じゃないですが、「介護は決して悔後(かいご、反対から読むと後悔)しないこと」だと思っていますが・・・、どうでしょう?

もうひとつ、親を知るという意味では当たり前ですが、介護以前も重要ですね。
要介護状態では、満足に会話できないこともあり、親が自由に喋れるうちに話を聞けば、思わぬ発見もあります。

今年2月に自分の母が亡くなりました。
勿論、生前ですが母を生まれ故郷に連れて行ったときのことです。
普段はあまり自分のことを話さない母が、田舎から出てくる時の思いなどを語り始めたのです。
母から離れて、ひとりの人間としての母親を改めて認識でき、その時ふと若い母の姿を見たような気もしました。

今まで母をあまり知らな過ぎた、親不孝と言えばそれまでですが、温故知新と言います。
まさに、故郷を訪(温)ねて親を知る、“温故知親”とはこのことであったと思う次第です。
でも、結局はそうすることで、自分のルーツを知り、結果的に“温故知私”なのでしょうね、きっと。
[PR]
by asakura_h | 2012-10-18 17:30
浦島太郎の竜宮体験記
先週、沖縄で開かれた全国老人保健施設大会に参加しました。

今回は、当法人の長命荘が開設20年目に当たり表彰されたこと、スタッフの中田さんによる「問題行動のある利用者を在宅に返すことができた事例」の発表と、黒田君の座長(司会)役がメインでした。

暖かい高知を出発し、幾分涼しい福岡を経由して到着した沖縄は、まだまだ暑かったですね。
ジャケットが鬱陶しく、アロハシャツでも十分でした。

そんな沖縄は、実は竜宮城じゃないかという説もあるそうですが、確かに空港から既に楽園にいるような雰囲気や、親切な人たちを見ると、当たってなくとも外れてはなさそうです。
迷わず浦島太郎と花子気分にモードチェンジでした。

さて今大会のテーマである「福寿社会の実現」ですが、印象深いのが沖縄出身のうちなー噺家、藤木勇人氏でした。
長生きには何が必要かと医師に訊ねたところ、呼吸しないほうがいいと返答され、困って何故か?と再度訊ねると、呼吸することで体が酸化するので老化するそうです。

だから、呼吸しないほうがいいと。
確かにそうでしょうが、呼吸しないというのは不可能なので、またまた訊ねると、だったら吸わなければいいという答えだったそうです。

吸わずに吐くことは不可能だと、また×3訊ねると、だったら吐くことを多くして吸うことを少なくすればいいとの返事だったそうです。
そんなことができるのか?
懲りずにまたまた訊ねると、それは可能だという。

歌ってごらん、息を吐いて、歌っていない間に少し息を吸うだろう?と言うのですが、確かにそうです。
息を吸いながら歌う人はいない。

例えば、笑った時も同じだと言うのですが、確かに吸いながら笑う人はいません。
この笑いの合間に、少しだけ吸えばいいと言うのです。

つまり、笑ったり歌ったりすれば、長生きできるという簡単な話ですが、思わず納得しながら、その話口に結構笑えました。
これで少しは長生きできたかな?
そういえば、長生きは“長息”と書けますが、この息とは長く吐くことなのかなと、ふと思ってしまいました。

他にも、脳科学で有名な茂木健一郎氏の講演、内容は歩くことがいい、誰もがコンプレックスを持っているとか、ためにはなりますが、ちょっと聞いたこともあるもぎたての話でしたね。

また、夜の歓迎会では、華童(はなわらべ)という少女舞踊隊の踊り、あまりに表情が大人びていた為、思わず小人かと間違うほどの色っぽさでした。

それ以外にも、太鼓を抱えたエイサーのチャンピオンチームの踊りに、美味しい食事と至れり尽くせりで、まさに竜宮城。
女性はみんな乙姫に見えましたね。

ただ、テーマについての講演では、何故沖縄は長寿なのか長々と説明をしていましたが、男性の平均寿命は確か平均レベルだと思います。
この男女差について説明があれば良かったなと思いましたが、全体的には大変満足でした。

おかげで高知空港に着いた時は、玉手箱を開けたあとように、ちょっと自分が老けたように見えたのは気のせい??
[PR]
by asakura_h | 2012-10-13 12:35
最近の臭い話
臭いといっても色んな臭いがあります。
アホ臭い、鈍臭い、胡散臭いなど、総じてあまり良い意味がありませんが、とかく最近の政界の話は、臭い話が多いように感じます。

何と言ってもアホ臭いのは、自民党が民主党、公明党と三党合意して消費税を決めた後に、参議院の問責決議案に自民党が賛成したという話。
当然のように、民主党が怒って解散の約束もご破算にして、結局、解散は先送り。
いったい何をやってるんだか?

テレビに出演した石原幹事長が、部分的な案には賛成だから三党合意して、民主党が信任に値しないからと問責に賛成した。
つまり、これはこれ、あれはあれ、という論理のようですけど、どう考えてもそんな理屈は一般に通用するはずがない。
本当に解散へと追い込みたかったら、消費税を引き換えに解散を迫るのが定石だと思いますが・・・。

その後も自民党の総裁選挙でも結局、地元の意向を無視して、長老の推す安倍元総理が総裁に返り咲くなんて、まだ長老が跋扈しているというのも爺臭い話ですね。
別にお年寄りが悪いということではありませんが・・・。

その一方、これからの政界三国志ならずとも、三極志になるかなと期待された、第三極の星である維新の会。
橋本市長を中心に、まるで“一心(神)の会”じゃないかと思いながら、みんなの党や減税日本という同じ第三極政党とは組まず、自民党にすり寄ったり、挙句の果てには国会議員や元首長のぱっとしない候補者たち、さらには全国各地に維新の会があり合流するとか。
要するに維新という名に便乗丸出しなんて、全く胡散臭い話です。
いや、維新臭いとでも言うべきですか?

さらに、民主党の新しい内閣の面々も、古いメンバーのたらい回しで、色褪せてカビ臭い感じですね。
とにかく今の民主党は、絶対に解散したくはないでしょうから、来年まで引っ張るつもりでしょう。
そうなると腐った食物のように、すえ臭くなりそうで怖いですね。

こうなったのも、そもそも民主党のマニフェスト破りからです。
確かに、絶対にマニフェストを守らないといけないことはないでしょうが、マニフェストが定着する前にやるのは、さすがにまずいでしょう。
日本にマニフェストを軸とした政策で競う土壌を作るチャンスだったのに惜しいことです。
これがドジョウ首相、おやっ、失礼、民主党の一番の罪かもしれませんね。
最初からこれが目的か?きな臭い話。

結局のところ、これからも選挙前に耳当たりにいいことを言って誤魔化されても困ります。
嘘臭い話はお断りですね。
それにしても政治家(セイジカ)から意志や威信の“イ”が無くなり、何者かの“オ(尾)”にくっついて、ただの“お世辞家”ですよ。
この尾は誰の尾?アメリカ?それとも官僚?

政治の世界、まさに辛気臭い(イライラするような)ですね。
いやぁ、実に人間臭いといえば、それまでですが・・・。
[PR]
by asakura_h | 2012-10-11 16:52
蛋白宣言、糖質制限
年齢的に五十代で気になるのは、血糖とコレステロールです。
先日、血液検査の結果を見て意外だったのが蛋白質、その中でもアルブミンの値でした。

アルブミンは血液中に含まれていて、血液の濃度調整や物質の運搬などに関わっています。
これが低下すると、血液が水っぽくなり、それが血管から体内に漏れるので、いわゆる“むくむ”を生じることになります。

そんなアルブミンは蛋白質を代表しており、その低下の状態からどれくらい長く生きれるかもだいたい推測が可能です。
何しろ蛋白質がすべての構造と機能を担っています。
構造とは、筋肉、骨などの身体のつくりのこと、機能とは成長、免疫など身体がしている全ての生理作用のことですから、人間の身体を社会、細胞ひとつひとつを人間に例えれば、働いているのは人間で、住まいも道路も道具なども人間で作られているという、奇妙な社会になるのです。

だから簡単に測定可能なアルブミンは重要な値なのです。
正常値の下限は、3.8g/dlですが、一般的に2.0以下では生命の維持さえ、おぼつかなくなります。
今回の自分の結果は、この値が正常範囲内ではあったのですが、下限近くに下がっていたのです。
異常ではないのですが、高齢になると低下することを考えると気になります。

そう言えば、爪が荒れるとか白髪が増えるとかあります。
原因としては、蛋白質の摂取不足、小腸などの吸収障害、肝臓の輸送や合成障害、癌や炎症などの消耗疾患での消費、腎臓疾患などでの蛋白質の漏出が考えられますが、最近の食事状態を思い出すと、何となく食べよい麺類が多いことに気がつきました。
やはり糖など、炭水化物の偏りによる蛋白質の摂取不足なのです。

最近は、カロリー足りて蛋白足りず、そういう患者が増えているそうです。中には糖質三羽烏、ラーメン、ごはん、パンを一度に食べる方もいれば、スイーツにはまっている方もいます。
その一方で高齢の方でもかくしゃくとして元気な方の中には、牛肉もばりばり食べている方もおります。
近年、糖尿病の食事療法でも、糖質は下げるが蛋白質を多く摂るほうが良いことになっています。
蛋白質をいかに確保するか、特に必須アミノ酸という体内では作られないアミノ酸を含む蛋白質をいかに摂るのかが大事だと思います。
もちろん、脂肪分が少ないほうがいいわけですが、そういう調理方法はともかくとして、牛肉や豚肉、鶏肉、魚肉など、卵や牛乳、こういうのは確実にモノにしておきたいものです。

だったら、ボディビルダーがやっているような蛋白質サプリが手っ取り早いと思うかもしれません。
しかし、一時的に適量であればいいでしょうが、長期的には考えものです。
まあ、それもあんな筋肉むきむきの身体が欲しいのなら仕方ないですけど。

これからは、蛋白質が健康の主役ですよ。
モチモチなのが多い炭水化物はほどほどに。
案外、これからは性格もねちっこいより、淡白がいいかもしれませんね。
[PR]
by asakura_h | 2012-10-03 17:01