地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
今年は「おなかかじり虫」だ!!
昨年は、お笑い芸人の「オッパッビー」や宮崎県知事の「どげんかせんといかんです」、「鈍感力」など多くの言葉が流行りました。
「オッパッピー」などは自分の子供達がしきりにやるので、覚えるつもりがなくても、自然と覚える羽目になりましたが、中でも特に私が印象に残っている言莱は「おしりかじり虫」でした。

皆さんご存知でしょうが、NHKに「みんなのうた」という番組があります。
この番組は、昭和36年に放送開始して以来、数多くの歌を世に送り出してきましたが、なんと最初の歌は「おお牧場はみどり」だったそうです。
この歌は小学校の音楽の教科書にも載っているので、同級生たちと一緒に歌われた経験がおありの方も多いと思いますが、いわゆる小学校唱歌のスタンダードであります。
その後も、「山口さんちのツトム君」や「およげ|たいやきくん」、「だんご3兄弟」などのヒット曲を世に送り出している、実は、侮れない流行歌発信番組なんです。

あれは昨年の夏の夕食時でした。
最初に耳にしたのが美しい曲でしたので、「さすが」NHKみんなのうただ」と心和やかな時が訪れ、今日も無事に一日が過ぎ去った喜びを感謝に変えようとした矢先に突然、「おしりかじり虫」というフレーズが飛び出しました。
その瞬間、思わずズッコケてしまいましたが、不思識なことに番組が終わった後もしばらく頭の中に「おしりかじり虫」のフレーズが鳴り響いているのです。
おしりかじり虫~おしりかじり虫~…って感じで、どうやら脳内感染したようです。
正確に言えば、脳内パラサイト(寄生)でしょうか?
こんな経験をしたのは自分だけではないようで、瞬く問に全国的に大ヒットしました。
恐るべき脳内パラサイトです。

実はこの「おしりかじり虫」、30年ほど前に漫画「ダメおやじ」で有名な漫画家、古谷三敏さんが作ったバージョンがあり、パクリ疑惑も出ましたが、そういう批判をもろともせず、しぶとく生き残りました。
おかげで、今では色んなバージョンがあるそうです。
例えば、「おつむかじり虫」「オッパイかじり虫」はたまた進化して「しゃぶり虫」という具合です。
まあ、これらは無害ですが中には有害なものもいるようです。
地方を疲弊させていく「田舎かじり虫」、原油高騰で家計の出費をかさませる「家計かじり虫」、殺伐な事件も多く起きていますが、人の心を奪う「心かじり虫」なんかもそうです。
また、ニートには「親のスネかじり虫」、過剰なダイェットの女性や高齢者には「骨かじり虫」がウヨウヨ…聞くだけでも殺虫剤をかけたくなります。
が、ご安心ください。中には有益な「虫」もいるようです。

さしずめ、運勁不足で飽食、お腹がでっぷりと膨れたメタボリックシンドローム寸前のあなた、「おなかかじり虫」はいかがでしょうか?
というのも実は、今年の4月から『特定検診』というものが法律で義務付けされ、危険な脳卒中や心臓疾患に直結するメタポリックシンドローム撲滅運動が本格化します。
当院でも、今年からそんな「おなかかじり虫」を“飼育”して活助させようと思っています。
お腹をスッキリさせたい方、是非お腹を張らして朝倉病院の外来へいらしてください。
たっぷり!かじります。
[PR]
by asakura_h | 2008-04-11 14:19 | コラム