地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
<< 顔を隠して尻隠せず      トサノバ(新しい土佐) >>
これからの老後は”新はちきん”でいこう
 ”はちきん”というと、土佐弁ではちきれんばかりに頑張る土佐の女性のことをいいます。
 意味は男の八個分の金玉を持つバイタリテイのあるという意味のようですが、それはともかく、これからの超高齢社会、お年寄りが当たり前の社会で、老後の生活は何が大事か?考えみたら、浮かんだのが、新しい八つの”きん”の”はちきん”でした。

 まずは筋肉の筋。
 勿論骨も大事ですが、鍛えてそんはないのが、筋肉。
 これが衰えると、寝たきりになりやすくなりますからね。
 運動、特に無理のない有酸素運動は必要です。
 その為には、普段から供給源のタンパク質はきちんと取り、その吸収を助ける野菜、ビタミン、ある程度の糖質などを摂取することは大事です。
 ようするにバランスよくとりながら、比較的タンパク質はを重要視するということでしょう。

 二番目がやはり金は必要です。
 あるにこしたことはないですが、最低限はどうしてもいります。
 今の年金制度で基礎年金は同居を規準にしてますから、これを生活費にするときついかもしれません。
 それを補うには第三のきんが必要です。

 三番目が勤労の勤。
 仕事がある方がやりがいが生まれます。
 金に余裕があれば、勿論ボランテイアだって、立派な勤だと思います。
 自分が必要な場所を持つことですから。

 四番目が近所の近。
 近所の人というか、身近な人とうまくやっていくことが重要ですね。
 人とのつながりを大切にするという意味でもです。

 五番目が菌。
 これは特に腸内細菌や皮膚にいる常在菌など。
 人間というのは菌の助けてうまく健康を保っているので、うまく菌と共生することが大事です。
 例えば、腸内細菌は免疫を高め、長寿の秘訣、炎症を押さえたり癌化を防いだりして、若く健康の秘訣といってもいいかもしれません。
 その為には、筋ともかぶりますが、乳製品などでいい菌を育てる食事を取りましょう。
 いい排便はいい指標になります。
 
 六番目は均が大事でしょう。
 この均は偏りなくバランスよくという意味ですね。
 心も体もうまくバランスよくすることが大事かなと思います。
 特に性格は高齢だと極端化しがちです。
 そこを意識して、押さえることも必要かと思います。
 先ほどでた食事も運動もとり過ぎ、やり過ぎも注意です。
 人とのつきあいもバランスよくできればいいですね。

 七番目がやはり今という意味でのきんですね。
 高齢だと、膨大な過去や思い出もあるのでついつい過去に浸りやすくなりますが、大事なのは今、その今を楽しみながら過去も楽しむのがいいかと思います。
 それに過去の思い出に浸りすぎると、いやなことを思い出したりすることもありますしね。
 いやな思い出も今が楽しいと教訓になります。
 
 最後の八番目が謹しむという意味でのきんでしょう。
 ついつい今時の若い人とか、昔の自分の自慢話になりがちだけど、そういうのはうざったがられるだけですね。
 我が道をいくというのも勝手ですけどね。
 変に若ぶってぶっ飛ぶより、謹みがあった若ぶりがいいかなと思ったりします。
 
 そんな筋金勤近菌均今謹の八きん、いかがでしょう?
 
 

by asakura_h | 2018-10-30 20:18
<< 顔を隠して尻隠せず      トサノバ(新しい土佐) >>