地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
<< 将来は医療温暖化?冷却化?      涙目と鼻水のバラード(花粉症に捧ぐ) >>
いつか見た現在?
昨年、“しんげきのきょじん”が人気だと聞いて、新劇の巨人??
新劇とはヨーロッパの流れを汲む、歌舞伎とは違う昭和初期の新しい大物劇のことか、それともプロ野球の巨人のキャッチコピーかと思っていたら、大間違い。
“進撃の巨人”というタイトルの漫画で、人間を食べる巨人と戦うという話です。

その漫画を息子も気に入っていて買ってあげましたが、さすがに食事中に見せられると、食欲が失せるほど、食べるシーンの描写がエグイし、何せ巨人自体もグロテスクです。

この漫画を見て思い出したのが、子供の頃に見たサンダ対ガイラという、東宝の円谷特撮映画です。
これは、第二次大戦中にドイツから広島に運ばれた不死のフランケンシュタインの細胞が、原爆の中でも生き残り、戦後、浮浪児として生存しながら、巨大化します。

その細胞が分かれて出来たのが、海のフランケンシュタインのガイラと、陸のフランケンシュタインのサンダなのですが、まさに“進撃の巨人”でした。
(ちなみに、同時期のウルトラマンは感激の巨人でした)

ガイラは人を食べ、サンダは人を助けるので、ガイラが人を食べるのを見て、二匹(いや二人?)は大喧嘩して、最後には海底火山の爆発の中で死んでいきます。

そのガイラは、緑色の顔でいかにもグロく、サンダは茶色でやや優しい顔立ちです。
身長も30メートルの設定で、人を食べるシーンはやけにリアル感がありました。

最初に出現して、多くの犠牲者が出るのですが、その食べられ方がかなりショッキングでした。
あの映画を見た直後は、海に行けなかったり、夜がやたら怖かったような記憶があります。

あの頃の怪獣映画は、結構、大人も見ていたので話題にはなりましたが流行ることはなく、今も怪獣オタクに評価が高いくらいです。

こんなに似たようなグロい映画が流行るのは、時代のせいなのでしょう。
あの、オカマのマツコデラックスという小巨人が人気だったり、高知のカツオ人間も相当キモイけれど、一部の人に人気があったり、もしかして、昭和初期に流行ったエログロナンセンスの時代に似ているのかとも思いましたね。

この時代はある面、享楽的な時代で、第二次大戦の束の間の休息タイムでした。
華やかな裏に、あの有名な阿部定事件や、江戸川乱歩の探偵小説が人気という、何ともダークな感じもあるし、2.26事件もあり戦争の足音が聞こえます。

今や、特定秘密保護法案とか集団的自衛権の問題とか、戦争に直結しそうなキナ臭い話もあるので、当時と今が似ていると指摘する人が多いのも分かります。

我々は、かつて見た現在を生きているのか?
恐らく巨人は、地震や外圧など、我々の不安を象徴しているのでしょうが、巨人の顔がアベ首相に見えてきたらヤベーか?
[PR]
by asakura_h | 2014-03-29 12:30
<< 将来は医療温暖化?冷却化?      涙目と鼻水のバラード(花粉症に捧ぐ) >>