地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
<< 温故知親      最近の臭い話 >>
浦島太郎の竜宮体験記
先週、沖縄で開かれた全国老人保健施設大会に参加しました。

今回は、当法人の長命荘が開設20年目に当たり表彰されたこと、スタッフの中田さんによる「問題行動のある利用者を在宅に返すことができた事例」の発表と、黒田君の座長(司会)役がメインでした。

暖かい高知を出発し、幾分涼しい福岡を経由して到着した沖縄は、まだまだ暑かったですね。
ジャケットが鬱陶しく、アロハシャツでも十分でした。

そんな沖縄は、実は竜宮城じゃないかという説もあるそうですが、確かに空港から既に楽園にいるような雰囲気や、親切な人たちを見ると、当たってなくとも外れてはなさそうです。
迷わず浦島太郎と花子気分にモードチェンジでした。

さて今大会のテーマである「福寿社会の実現」ですが、印象深いのが沖縄出身のうちなー噺家、藤木勇人氏でした。
長生きには何が必要かと医師に訊ねたところ、呼吸しないほうがいいと返答され、困って何故か?と再度訊ねると、呼吸することで体が酸化するので老化するそうです。

だから、呼吸しないほうがいいと。
確かにそうでしょうが、呼吸しないというのは不可能なので、またまた訊ねると、だったら吸わなければいいという答えだったそうです。

吸わずに吐くことは不可能だと、また×3訊ねると、だったら吐くことを多くして吸うことを少なくすればいいとの返事だったそうです。
そんなことができるのか?
懲りずにまたまた訊ねると、それは可能だという。

歌ってごらん、息を吐いて、歌っていない間に少し息を吸うだろう?と言うのですが、確かにそうです。
息を吸いながら歌う人はいない。

例えば、笑った時も同じだと言うのですが、確かに吸いながら笑う人はいません。
この笑いの合間に、少しだけ吸えばいいと言うのです。

つまり、笑ったり歌ったりすれば、長生きできるという簡単な話ですが、思わず納得しながら、その話口に結構笑えました。
これで少しは長生きできたかな?
そういえば、長生きは“長息”と書けますが、この息とは長く吐くことなのかなと、ふと思ってしまいました。

他にも、脳科学で有名な茂木健一郎氏の講演、内容は歩くことがいい、誰もがコンプレックスを持っているとか、ためにはなりますが、ちょっと聞いたこともあるもぎたての話でしたね。

また、夜の歓迎会では、華童(はなわらべ)という少女舞踊隊の踊り、あまりに表情が大人びていた為、思わず小人かと間違うほどの色っぽさでした。

それ以外にも、太鼓を抱えたエイサーのチャンピオンチームの踊りに、美味しい食事と至れり尽くせりで、まさに竜宮城。
女性はみんな乙姫に見えましたね。

ただ、テーマについての講演では、何故沖縄は長寿なのか長々と説明をしていましたが、男性の平均寿命は確か平均レベルだと思います。
この男女差について説明があれば良かったなと思いましたが、全体的には大変満足でした。

おかげで高知空港に着いた時は、玉手箱を開けたあとように、ちょっと自分が老けたように見えたのは気のせい??
[PR]
by asakura_h | 2012-10-13 12:35
<< 温故知親      最近の臭い話 >>