地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
<< 何はともあれ八分目      地域連携は三脚関係で >>
これからは自分の時代
最近気になる漢字に“分”というのがあります。
これが使われる文句に「分をわきまえる」というのがありますが、自分の地位や能力を知るという意味で、なんとなく古臭くネガティブなイメージがあります。

水戸黄門などの時代劇でよく使われる文句では、いかにも「悪」といった代官が「農民の分際でよくも」なんていうのは、「越後屋、お主も悪よのぅ」と同じようによく使われており、“分”が使われる文句としてはイメージが最悪な例ですね。

しかし、今では本来“分”があるべきなのに、十分な自覚がないような気がします。
責任ある立場の人がきちんとそれを取らないとか、行使すべき力を適切に使えない場合なども、“分”を忘れている気がします。
「社長の分際」とか「大臣の分際」なんて、新たに言えるかもしれません。

社会もそうだからでしょうか?季節もなんだか変ですね。
5月になるというのに、なぜか朝晩ひんやりとして。
春分も確かそうでした。
春分とは春の分岐点で、ちょうど太陽が真東から上って真西に沈む日、これから昼の長さが長くなると同時に暖かくなり始めるのが通常ですが、今年はその春の”分”を忘れているかのように、一向に暖かくなる気配がしませんでした。
ついつい「春の分際で」と言いそうになりましたが、言っても仕方ないので止めました。

だから“分を知る”とは大事なことではないかと思います。
確かに高度経済成長期で生産も消費も拡大していく時代では、窮屈な響きさえしましたが、今のように低成長では限りがあり、みんなで分かち合うような時代には却って新鮮な気がします。
特に感じるのは、これから日本全体で考えていかなければならない東日本大震災と少子高齢化問題です。
全体で考えるとは、いかにその重荷を各自が分かち合うかということでしょう。
とすれば、その中で各自の“分”という意味での自分が重要になると思います。
その“分”とは、できること、しなくてはいけないことなどの役割です。

確かに日本語で一人称単数形には私、僕、俺、我、わしなど色々ありますが、中でもあえて自分が肝心です。
自分を知るということは自らの“分”、自らの役割やできることを知ることです。
若者の自分探しというのも、世の中での自らの役割やポジションを探すことでしょうが、これからは東日本大震災や少子高齢化問題に対して、自らがどういう役割をすべきか考えることが大きなテーマかなと思います。
そういう意味で、これからは自分の時代、自らの“分”、役割を考える時代かなという気がします。
別に無理をして自分を大きく見せようと見栄を張っても仕方がないことですしね。

他には、時分を知ることもいいですね。
また、気分も大事ですね。
時間も1分1分が大切ですか?
これから二人称は、貴方ではなく貴分はどうでしょうか?
そして三人称なら、他人だから他分で?
たぶん無理でしょう・・・。
[PR]
by asakura_h | 2011-04-30 13:06
<< 何はともあれ八分目      地域連携は三脚関係で >>