地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
酉年のトリセツ(取扱い説明書)
いよいよ医療介護の同時改定の重要な平成三十年までの最後の準備年となりました。
酉年というから、最後のトリを飾るのにふさわしい年になるかどうか、期待半分、不安半分です。

今年は最初はいいスタートでした。
元旦には、女房の家族とともに長野県の諏訪市の旅館に泊まり、諏訪湖を歩いて一周しました。
諏訪湖周辺は縄文文化の南限とも言われ、長野オリンピックの開会式の幕開けに披露されて、会場が壊れたんじゃないかと驚かせた御柱の祭りがあります。
御柱はまさに縄文人の森の文化の象徴です。

その諏訪湖の周りはジョギングコースがあり、歩きやすいのですが、旅館からそこまでいくのに、三キロぐらいかかります。
最初はコースを四キロぐらい歩けばと思ってましたが、それほど寒くなく、あまりにも天気もよく、遠くに富士山や八ヶ岳を眺めながら、途中、元旦に開いている希少な蕎麦屋を探す為にコースはずれをして歩いていると、ついつい距離も伸びて、半周の八キロまで来ました。
こうなると、戻っても同じのなので、ついつい一周になってしまいました。

コースが終わりに近づくと、時間は午後六時ごろですが、夜になっていて、空には月と金星が鮮やかに見えました。
さすがに足も付け根の辺りに痛みがでて途中、休み休みになりましたが、なんとか六時半には旅館にたどり着きました。
着いた時は、すでに他の家族(全部で十五人ぐらい)も食事を済ましていましたが、祝福してくれました。

疲れたと言えば、疲れましたが、達成感がありました。
歩いた距離はおよそ二十四キロぐらいでしょうか?
途中小坂というおいしい蕎麦屋に立ち寄ったので、七時間ぐらいかかりましたが、気分は二十代にもどったような感じでした。
その代りに見かけは日の光で顔も黒くなって老人っぽい感じでしたが、やはり歩くというのはいいですね。
何もかも活性化したような気分です。
もしかしたら縄文人の御柱パワーが味方してくれたのかもしれません。

とにかく、そんな活性化した気分で今年も頑張りたいですね。
頑張るには一歩一歩着実に進むことだと実感できました。
目標に向かって、気を長く一歩一歩・・・・・・・
これが酉年の自分自身のトリセツの内容です。
高知には尾長鳥(おながどり)という、尾の長い鳥が有名ですが、尾長より気長鳥(きながどり)かな。
[PR]
by asakura_h | 2017-01-18 20:15