地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
本当の春よ来い
4月と言いながら、まだ、夜は弱い暖房をかけているこの頃ですが、いつになったら暖房オフになるのか分からなくなりました。
その割に、昼間は汗だくになるような強い日差しです。

日差しに関しては、ある意味高知の名物ですね。
このおかげで寒暖差に関しては、どこにも負けません。
1月や2月の極寒の時季でも、昼間になるとポカポカ陽気なことがよくあるし、夏の日差しは厳しいですよ。

よく東京の夏は蒸し餃子で、高知の夏は焼き餃子だと比較していましたが、肌をさらして街中を歩くだけでこんがりと焼けます。

それを差し引いても、朝晩と日中の温度差が、これほどの開きを感じることは、かつてない気がします。
これも、地球温暖化特有のオストアンデル現象が原因ではないかとテレビで説明していました。

オストアンデルとは、北極の寒気団に対して、何方向からか低緯度の強くなった暖気が押し上げ、その間を縫って寒気が緯度の低い辺りまで降りてきて低温状態になることのようです。
まるで、饅頭のような寒気団を暖気が手のように押して、寒気が中の餡子が飛び出るようになるので、つまり、押すと餡が出る、オストアンデルと呼ぶそうです。

これが春になると、南の暖気が北の寒気の上に乗る状態となり、寒気を押すけれど、温暖化の影響で暖気が強く、いわば重くなるので余計に寒気が餡子のように広がり、寒さが長引くようです。

かつての春は、もっと過ごしやすかった気がします。
確かに肌寒い時もありましたが、夜のひんやり感も、その奥には暖かさを感じられ、却って心地良かったし、春の草花の香りも感じられ、春が来るのが楽しみでした。

ところが、今では朝晩の冷たさも単に冷たいだけですし、未だ長引く花粉症のおかげで、鼻も詰まって香りも半減しています。
あの人間味を感じた春は何処へいったのか?

それにしても、この春の天気と景気は似ています。
景気も温度差が激しいですね。
建築関係は需要が多く過熱気味なのに対して、福祉などは人手不足で未だに冷え込んでいます。
アベノミクスの効果は、未だに行き渡らないですね。
果たして行き渡るまで、持ち堪えられるか心配です。

何しろアベノミクスは2つの面があります。
経済的には株価の上昇など、甘い飴(アメ)の側面と、集団的自衛権の勝手な解釈とか、政治的にちょっとヤバイ(ヤベェ)側面ですね。
そのアメとヤベェがミックスしてアベとなったのがアベノミクスですから、政治は少し鉾を収めて、具体的かつ斬新な成長戦略が欲しいところです。

昔のカレーのCMじゃないですが、具が大事です。
行き過ぎて“愚”では、愚直パーですからね。

本当の春がまだ来ないです。
恐らく来てもそれは短く、すぐに梅雨となり、その後は酷暑ですか?

あのかつて味わった春は、今や絶滅危惧季節?
いや、すでに絶滅季節か?
[PR]
by asakura_h | 2014-04-26 12:30
マナーが悪いとマタアまで疑われる
何かと話題のSTAP細胞ですが、小保方氏の記者会見は、要はマナー(manner 方法)が未熟だったけど、マター(matter 事柄)は正しく、初心(うぶ)かったので、許して下さいというように聞こえてしまいました。
結局女性としては株を上げましたが、研究者としての株は下げたようですね。
特にコピペもそうですが、肝腎の共著者の若山教授が論文を取り下げた件、STAP細胞に変化したはずのマウスの細胞が若山教授から小保方氏に渡したマウスと違っていた点を、すっきりとSTAP細胞の産みの母らしくしてほしかったですね。

それはともかく、STAP細胞は200回以上も成功している発言には驚きです。
あれほど凄いことが、実は彼女にしてみれば、日常茶飯事とは、小保方氏の顔が一瞬、宇宙人か魔女に見えました。
いわゆる、理解不可能な別世界人という意味ですが、その反面、ひょっとして我々は超天才や新人類に遭遇しているのかもしれないと思うと、ゾクゾクしました。

それも、本当にSTAP細胞があればの話です。確かに理研のブラック企業的トカゲのしっぽ切りをひどいと思いますが、おそらく実験ノートを見て唖然としたのかもしれませんね。
他にスタップ細胞に成功している人がいるという話ですが、細胞が多機能性を持ったことの証明ぐらいのようですし、どうなのかな?

それにしても、永遠のエネルギーを得られる、常温で抵抗ゼロの常温超電導に匹敵する、永遠の命を得られるかもしれないインスタント万能細胞の話で、発見したのが若い女性だし、過熱するのも無理もないですが、まだあくまでも論文の段階ですからね。
勿論、今回はそれさえ危ういですが、一流雑誌に掲載された(確かにすごいことだけど)からと言って、真実とは限らないでしょう。

一般的には論文が載るだけで、真実であるかのように取られる傾向があります。
だから、健康食品の広告などで、論文が発表されたということで、信憑性があるかのように売り込んでくる人達もいますが、論文はきちんとしたデータであれば、一応受け付けてくれます。

そのきちんとしたデータも、例えば統計だとしても、基準の取り方でどうにでも結論付けられます。
厚労省などは、療養病床には医療が必要な患者はあまりいないという結果を報告して、削減の根拠にしたことがありましたが、それはアンケートの質問が巧妙だったり、不要のデータを使わなかったりすることがあるので注意が必要です。

そう考えれば、データの信憑性とは、誰がデータを出したのかということが非常に重要になります。
いい加減な研究者やうさんくさい研究者も信用されなくなります。
今回は笹井という人の名が共著だったりしたんで信頼されたんでしょうが、どんなに信頼できる研究者でも、前述の通り、他の研究者に検証されないと、その論文が真実かどうか分かりません。

いずれにせよ、小保方氏も全国行脚でSTAP細胞証明実験をすれば面白いでしょうね。
そこで成功したらそれこそ素晴らしいですよ。

だいたいマナーが悪いと、マター(マタア)まで疑われても仕方がないですが、このままじゃあ、アタマ(の中)まで疑われかねないですね。
接遇ばかりじゃないですよ、マナーが大切なのは。
[PR]
by asakura_h | 2014-04-19 09:00
成果という名の怪物
食品偽装問題や佐村河内氏の作品偽装に続き、リケジョという名を広めた即席万能細胞、STAP細胞の論文偽装疑惑など、いやぁ、色々と出揃いましたが、まるで偽装パーティです。

食品偽装なんて、あるホテルでは、料理長が知らぬ間に、現場が勝手に偽の食材を使っていたので、これからはダブルチェックをするとか、テレビで放送していましたが、本当に料理長は知らなかったのかな?
一店のことだけじゃないですからね。

佐村河内氏のゴーストライター問題はひどい話ですが、あの業界のことは耳にしたことがあります。
ある有名作曲家に歌を習っている方が、作曲家がフレーズを少し書くだけで、あとはお弟子さんが曲として作り上げるそうです。
つまり、ほとんどお弟子さんの曲のようですが、クレジットはあくまでも作曲家です。
何しろ、ゴーストライター業界というのがあるくらいですから。

同じようなことは、研究の世界でもあるようです。
あの有名なガリレオでさえ、部下の業績を使っていたという話です。
ガリレオの偉いところは、宗教裁判にかけられても自分が出頭して、答弁したことでしょう。
責任感は評価できますよ。

ただ、今回の問題では、他にも聴覚障害を偽装していたおまけまでつきました。
おかげで、医療業界はきちんと障害を認定していたのかと、まずいとばっチリソースを食う羽目になりました。

また、あの弁明がひどい。
重度の聴覚障害が治ったというのは、昔のマリア処女降誕が信じられる時代ならともかく、そもそも回復の可能性が低いから障害認定されるわけですから。
医療不信を助長しそうで嫌ですね。

それにしても、STAP細胞の論文疑惑、博士号にコピーをした箇所があるとか、データに一部訂正している箇所があるとか、さらに重要なSTAP細胞の論文にも、博士号の論文データを載せるとか、きちんと研究者として指導されていないように思えます。

論文もきちんとチェックされていないのでしょうか?
再現実験も上手くいってないし、STAP細胞って本当にあるんですか?
なければ、拙速過ぎたのかな?

その背景としては、理研の研究者は8割方が契約社員で、成果を上げないと仕事を失うこともあるようです。
また、理研自体も補助金を多く得るために、アピールしたかったようですし、同様にマスコミも騒ぎ立てて、結局、我々も見事に乗せられました。

この構図は、食品偽装も作品偽装もきっと同じじゃないでしょうか?
だから偽装パーティ。
踊った人、躍らせた人が複雑に絡み、まるでカーニバル模様。
誰が振り付けたのか?

共通するのは成果(時には利益)かもしれません。
成果という名の怪物が、日本に魔法をかけた?
偽装列島ジャパン、品格や恥を捨てて、果たしていつまで踊る?
[PR]
by asakura_h | 2014-04-12 12:30
将来は医療温暖化?冷却化?
ここ数年思うことですが、4月といっても朝晩寒いです。
特に1日はエイプリルフールでしたが、エイプリルクールの方がピッタリなので、毎年エイプリルクールと心の中で叫んでいる気がします。

こんな気候で本当に地球温暖化?と思いますが、極端な寒暖の気候はあくまでも過渡期で、いずれ均一に気温が上昇するだろうと考えているようです。

つまりアベノミクスのように、まずは大企業や金持ちが儲かり、それから中小企業や一般までいずれ恩恵が来るという、順番があるのと同じなのでしょうか?
よく分かりませんが、冷却化という少数意見もあるようですね。

それはともかく、今年度の医療改定は、やはり2025年から本格化する死亡者倍増時代の方向へ、一歩踏み出しましたが、その改定の中での特筆すべきは、地域包括病床が新たに設けられることになったことでしょう。

これは、退院患者のうち在宅に帰れる患者の割合が50%、ベッド数の10%は常にあけておいて入院に備える病床です。これだけ聞くとどこにでもある病床のように感じますが、長期の入院が多い高齢者の療養病床をこれに転換するように促したいのが大きなことです。

その関係で、早ければ次の2年後の医療の改定の時、4年後に廃止とされている重度の要介護者のいる介護保険適用の介護療養病床と、神経難病などの障害者を抱える障害者病床を合わせた改革や、医療保険適用の療養病床の医療の必要度で分ける医療区分の2(ちなみに3は重症、1は軽症)が1扱いになることなど、長期入院の点数を下げることを狙ってくると思われます。

この流れは、地方では顕著です。
わが高知市では、高齢者は若干の増加はありますが、少子化で生産人口は減少していきます。
つまり、働き盛りを診る病院のニーズが少なくなり、高齢者を診ないとやっていけなくなる。
そうなると自然に一般病院でも高齢者をバックアップできる地域包括病床に移っていく可能性も高くなります。

在宅への整備、住宅事情、訪問診療体制など、在宅での受け皿作りが不十分なままで、果たして可能なのかは不透明ですが、何しろ、医療費が毎年1兆円増加していますから、国が破産しないためにも、そうせざるを得ないでしょう。

そんなことを考えると、医療の将来はどうなるのか?
医療の冬の時代と言われましたが、その通りに冷却化するのか?
それとも、反対に温暖化するのか?
冷却化は皆が冷え込みますが、温暖化は前出の通り極端化していますから、上手く選択しないと、暑い勝ち組と寒い負け組になるでしょう。

その後は、皆が暖かくなる?
そうでしょうが、その前に寒い所はつぶれている可能性が高いでしょうね、きっと。
[PR]
by asakura_h | 2014-04-05 09:00