地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今年はリニューアル元年でした
高知の四万十市を舞台にしたドラマ、「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」になぞらえた訳ではありませんが、今年はリニューアル元年でした。

まずは、耐震補強及びそれに伴う改修工事です。
昭和56年以前の建築物は、新たに耐震補強工事を施さないといけないため、建物の古さにかけては負けていない朝倉病院(ちなみに昭和43年開業ですが)としても補助金を受け、来春完成予定で工事を行っています。

つい先日も、改修工事の一環として厨房の改築が終了し、ひと安心したところです。
何しろそれまでは、プレハブの仮設厨房での業務となり、その間に巷ではノロウイルスが流行ったりしたので、実はヒヤヒヤものでしたが、無事に立派な厨房へと生まれ変わりました。

それにつけても、工事中の騒音と振動には随分と悩まされました。
患者さんやその家族、職員にはまさに耐振、耐音工事だったと思います。
心よりお詫び申し上げます。

また、院内の案内表示も、桜の模様をデザイン化したものに変更、わかりやすくしました。
外来も模様替えで、全体的に明るいイメージにしました。
さらには節電にも努めて、一定の効果を上げることができました。

続いてのリニューアルは、今年の4月より一般の社団医療法人から、特定医療法人に組織変更したことです。
今までは、あくまでも創立者を中心に各社員が出資して作った、言わば私的な病院だったのですが、今回新たな社員、理事、評議員、監査が選ばれ、創立者親族が三分の一以下となり、合議により決めていく体制とすることで、より公的な意味合いが強い病院になりました。
これにより、事業税が安くなるなどのメリットがありますが、今まで以上にきちんとした会議録を残していくなど、事務作業が面倒になってきました。
それでも、地域に貢献していくという意味では、法人を変えた意義はあると思っています。

そして3番目のリニューアルは、意識のリニューアルと言えます。
以前と違って、これからはより質の高いサービスを求められますから、その為の研修もますます増えてきました。
職員のスキルアップばかりでなく、サービスを提供するものとしての心構えが大事かなと思います。

事例があったからという訳ではないですが、虐待防止委員会も立ち上がりました。
特に患者さんに対して、親しいつもりでした行為が、第三者の目から見て、適切でないこともあるので、そこが一番注意すべき点です。
言葉遣いにしても、土佐弁で親しく言ったつもりでも、荒っぽく聞こえたりすることもあります。
独りよがりの対応は禁物です。

そんなこんなで、辰年も過ぎ去っていきます。
またひとつ歳をとりましたが、果たして1つ知恵はついただろうか?そう思う今日この頃です。
来年のリニューアルに期待しつつ、今年も1年、お疲れ様でした。
[PR]
by asakura_h | 2012-12-29 12:30
選挙も終わりました
総選挙は自民党の大勝利でした。
ひとまずは、安定を選択したということでしょうが、得票数は過半数に満たないのに、大幅に議席を増やせたのは、小選挙区制度の特徴でしたね。
その上、投票しなかった棄権者が多く、韓国の大統領選とは対照的でした。
これが、今回の選挙が不美人コンテスト、美人度を選ぶのではなく、どれだけ不美人度が低いかを競い合う選挙だったせいでしょう。

それにしても、民主党はお粗末でした。
官僚排除から最後には、官僚にコントロールされたという、素人集団の酷さを見せつけました。
小沢一郎という、与党のベテランがいながらもこんな状態ですから、結局、小沢一郎も改革などやる気もなく、ただ単に政権が欲しかっただけでしょう。

そうは言いながらも、民主党も悪い点ばかりでなく、「コンクリートから人へ」という理念のもとに、介護療養病床の廃止が6年間延期されました。
多くの意見が、介護療養病床を増やした方がいいという意見だったそうです。
他にも予防接種の無料化や、医薬品も成長戦略のひとつと位置づけていましたから、次の自民党にも是非継続してもらいたいものです。

そんな安倍政権、大規模な公共事業をやるとか、“昔の顔で出ています”じゃなくて“昔の政策で出ています”はいかがでしょう?
インフレ誘導で、給料が上がって景気が良くなると言いますが、少なくとも医療福祉関係においては、給料は上がりそうもありません。

物価だけ上がって、支持率は下がり、またすぐに首相交代?
そんなのお断りですが、とにかく、ヒステリックに動く支持率を気にすると大変です。
この原因は、国民の憂さ晴らし傾向のキャラにも原因があるかもしれませんが、小泉後遺症もあるように感じるこの頃です。

小泉政権の抜本的政策なはずの構造改革は、やり方が悪かったのか、方向が間違っていたのか、不完全に終わり(つまり官僚に敗れたのか?)、格差の広がりなど痛みばかりが目立ってしまいました。

ですから、抜本的な構造改革をやろうとすると、どうしても小泉改革だと悪のレッテルを貼られる。
しかし、そうしないと改革をしないように見え、たちまち人気がなくなるので、必然的に首相は短命に終わることになる。
首相自体がジレンマにあるのではないか?

だから、改革の中身より、抵抗勢力を作るそのスタイルばかりを真似て、人気を取ろうという連中も現れたりするのでしょう、どことは言いませんが。
内閣支持率など気にせず、思いっきりやるべきだと思いますが、来夏の参議院選挙までは安全運転でしょうか?

とにかく、夏の祭りのオリンピックに続いて、冬の祭りの選挙も終わりました。
祭りの後片付けはいかがなものか?
冬より寒くならなければいいですが・・・。
[PR]
by asakura_h | 2012-12-22 12:30
嵐の前の慌ただしさ
選挙と言えば大概、投票日という嵐の前まで舌戦が繰り広げられます。
嵐の前のうるささがありますが、特に今回は消費税など国を揺るがす、7つの課題があるという重要な選挙なのに、それがあまり感じられませんね。
それよりも年末の慌ただしさのほうが目立って、“嵐の前の慌ただしさ”という表現がぴったりです。

選挙自体があまり盛り上がらないのも、高知県には選挙区が3つありますが、高知市を中心とした1区を除き、2区、3区は自民党対共産党の戦いで、ほぼ勝負は決まったような感じだからです。
また1区では、相手が民主党と維新なのですが、民主党は惨敗必至ですし、維新候補はほとんど通行人のいない橋の辺りで選挙演説をしてたり、あまり選挙に慣れていないと見え、ちょっと勝負にならない感じです。
あの政権交代が叫ばれた前回の総選挙や、接戦が予想された参議院選挙では、候補者がわざわざ当院や、関連施設まで挨拶に来ていましたから、勝つことが決まっているとガラリと変わりますね。

それにしても、色々とマスコミにも取り上げられていますが、やはり、選挙後は首相で間違いないと言われる自民党の安倍総裁が、上機嫌というより異様にハイなのが気になります。
潰瘍性大腸炎の炎症を抑える、アサコールという薬を処方されて大丈夫とのことですが、確かにその薬の副作用に、精神症状は記載されていません。
しかし何故か不安を覚えるのは、総理という極めて重要で、ストレスのかかる立場にいるからですかね。

パンドラⅢ革命前夜というドラマに、うつ病で自殺傾向のある国会議員が、新しい抗うつ病を処方され異常にそう状態となり、首相代行として強気の政策にうって出ようとする話があります。
責任ある立場の人間は、精神管理が大事よ、みたいなドラマを思い起こさせましたが、それほど薬というのは怖いものです。

気楽に飲まれている方が多いですが、人によっては小さな怪物に変身します。
高齢者の中には、そんな薬をお腹いっぱいになるんじゃないかと心配になるくらい服用している方もいますし、認知症の原因で、案外処方された眠剤や安定剤だったということもあります。

また、うつ病は警告をすればするほど、却ってうつ病患者が増えるという話もあります。
自分がうつ病じゃないかと心配になり、クリニックなどを受診して、必要でもないのにうつ病の薬を処方され、余計うつになるなんてこともあるそうです。
もし仮に余計に処方されている薬がなくなれば、何百億円もの医療費が削れるという話もありますから。

ともかく、どこが勝つにせよ、選挙に勝った後は、一過性の嵐じゃなく、嵐がしばらく続くなんてことは、まさかないでしょうね。
それこそ維新の会代表、石原慎太郎氏の弟の石原裕次郎主演映画、”嵐を呼ぶ男”じゃあるまいし、次の政権が“嵐を呼ぶ政権”でないことを祈るばかりです。
[PR]
by asakura_h | 2012-12-15 12:30
介護に絶対必要な2つのこと
去る11月末、高知県内の老人保健施設による認知症についての研修会がありました。
各施設から50名ばかりが参加して、5つのグループに分かれ、事例検討会の形で提示された2例(80歳代の認知症患者)のうち1つを与えられ、そのケアプランを立ててもらい、各グループが発表し互いに意見を交わすというものです。

ケアプランは、患者さんのケアを行う上での様々な問題点を出し、解決策を探りながら立てていくのですが、何よりも患者さんの思いを反映させることが大切です。
今回その発表の中で、気になることがありました。

1つ目は、一例目の患者さんで、“園芸が趣味で、草を刈る事に喜びを感じている”ということから、その患者さんの思いとして、“草を刈ること”を選んでいたグループがありました。
おいおいちょっと待ってくれ!
というのも、“草を刈ること”が本当に楽しい事なのかということです。

もし自分が草を刈ったとしても、それほど楽しい事ではありません。
確かに雑草がなくなってきれいになり満足しますが、それは次のステップのことをするためであって、それ自体が目的になることはないのです。
認知症だからとそれでいいのでしょうか?

実際、患者さんはその言葉を口にしたのですが、果たして思いはそれだけだったのか?
例えば、それは漠然と園芸をしたいという思いの1つとして口に出したのかもしれません。
あるいは、うまく自分の言いたい事言えずに、たまたまそんな表現になったのかもしれません。
つまり、そこにはある常識が必要かなと思いました。

中には変わった方もいて、草刈りが本当にやりたかったかもしれませんが、そんなのは100人に1人ぐらいじゃないかと思います。
多くの方は、花や作物を植えて、食べたり鑑賞したりして楽しみたいものです。

一般に医師が患者さんを診断する場合もそうですが、まず頻度の高い病気から疑い、頻度が低いものを最後に疑うのが常道です。
それを同じように、いくら認知症でも初めから変わった方だという設定ではなく、多くの人はこう考えるという感覚から考えていくのが常道かなと思います。
正確に言えば、常識をもとにした想像でしょうか?

もう1つは、お風呂が嫌いな方でしたが、その原因は分からないという返事がありました。
確かにそうです、提示された中には書かれていませんでした。
だけど、大事なことは書かれていなくても、想像してみることです。
よりたくさん想像する中から、真実に近い答えが見つかるような気がします。

テストのように、正解はないのです。
自ら想像を広げないと見つかりません。
まさに、介護に絶対必要な2つの事とは、常識と想像ではないかと思います。
その2つの翼を広げ、「頑張れ!介護の天使達」
[PR]
by asakura_h | 2012-12-12 18:30
12月になりました
来月は早、来年と呼ばれる月、いよいよ12月となりました。
時が進むのを速く感じるのは、一年の中でこの月にかなうものはありません。

何故、12月が特に速いと感じるのかと言えば、ジェット機の窓から外を見ている感覚に近いかもしれません。
機内から地上の景色はゆったりとしていますが、目の前の雲を見ると、その速さが実感できます。

それは、一年という単位(外の景色)で見ると感じないことが、12月になると1カ月(目の前)という意識が強くなり、その速さを実感できるためという訳ですが、12月という特殊な事情もありますね。
忘年会をはじめ、今年を締め括る様々な行事があって忙しく、何せじっと動かない師匠でさえ走ると言われる“師走”ですからね。

それにしても、この速さの感覚は年がいく程に速くなるそうですから、100歳ぐらいになると、一週間で一年間を過ごすような感覚なのでしょうかね。
それは、まだ未体験ゾーンですが、小学校時代の一年間は今の五年間ぐらいの感じがしました。

この原因は年を取るにつれて、子供の頃に比べて時間をスキップしているからでしょうか?
子供であれば5分という時間を、きちんと5分だと意識している、または無意識のうちに活用していますが、年齢を取るに従って3分ぐらいにカットしている。
だから、全体の時間に対する意識が、確かに短くなっている。

要するに、細かいところが抜け落ちて、大雑把に時間を捉えているということですかね。
いい意味では、大きな視野で見ているということなのかもしれませんが、仕事の慣れにも似ています。
ベテランともなると、大体の流れが分かりますから、細かいところも全部は見なくてよくなります。
そういう意味で年がいき、時間が速く進むと感じることは、人生のベテランという証なのかもしれません。

ただ、ここまで速度が速いと、そんな生理的現象以上に時を速く感じる、時代の流れの速さの影響もあるでしょう。
とにかく今はめまぐるしく変わります。
次々に情報が入ってきますから、それを処理していると時間を意識する時間がないため、結局、時間がスキップしたようになり、速く進んでいるように感じる。
これも生理現象と同じことですね。

ということは、時間を意識したら時間は遅く感じるかもしれません。
その証拠に、何か待ち遠しい時間がとても長いですし、仕事を現役から引退して家にいる方などは、恐ろしく時間がゆっくり進むように感じるそうです。
朝食を食べ終えても、なかなか昼食の時間がこないそうですが、それは時間という米を一粒一粒丹念に食べている感じになるからではないでしょうか。

つまり、時間を遅く感じるには、時間を常に実感することですか?
そんな方は別名、暇人ともいいますね。暇人、確かジョンレノンの名曲に「暇人オールザピープル・・・」というのもありますが・・・・・・。
あぁ、あれはイマジンですか?
そういえばジョンレノンの命日も近いな。
[PR]
by asakura_h | 2012-12-05 17:12