地域に開かれた病院。ひとりひとりに優しい病院。朝倉病院

 

医ごっそうのコラム茶や!


医療法人 仁泉会「朝倉病院」理事長の医ごっそうコラムです。
by asakura_h
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップページ >> 理事長の医ごっそうコラム
asakura01.exblog.jp
トップ
    
毎日が体重テスト?気を付けよう甘い誘惑
昨年の五月頃からダイエットを初めて、三か月で79キログラムから72キログラムの7キログラム減量することができました。
ダイエットは今はやりの糖質ダイエット。
勿論、糖質は完全にとらないというわけでなくて、少なくする、特に夕方以降はなるべく避けるようにしました。
特に夜遅くの食事をなんとかしないようにすること。
寝るだけだからあまりカロリーを消費しませんからね。

糖質はすぐにエネルギーになるので、朝はなるべくとるようにして、昼食から少なくしました。
最初結構きつい感じですが、毎日体重計に乗るようにすると、下げるのが楽しくなりました。
そうなると、なんだか飢餓状態も負けない感じになって、今は72キログラム前後を維持しています。
体重の調整に昼食を取らないで、二食のこともあります。
昔の日本では一日二食だったようで、案外いいかもしれませんね。

何しろ、怖いのは、これで食べ過ぎて、リバウンドすることです。
この場合、肝臓に余計な脂肪分がついて脂肪肝になり、肝硬変という危険なことになる可能性もあるので、要注意です。
この恐怖のリバウンドも毎日体重チェックでなんとか防ぐこともできます。
まるで毎日が身体テストを受けているような感じですけど。

それにしても最近の糖質ダイエットブームはすごいようです。
カツ丼の御飯のかわりにブロッコリーが人気だとか。
長崎チャンポンもごはんがないとか、それってチャンポンなんですかね?
よくわからないですね。

しかし、やれば確実に短期間で達成できるので糖質ダイエットは人気があるようです。
ただ大事なことは糖質は下げても、カロリーを下げないことで、特にタンパク質はその分、多めにとることが肝要です。
減量に仕方も一か月に2キログラム以内がいいそうですから、自分の場合はぎりぎりセーフかな?

このダイエットも年齢も重要で、65歳以上になると、栄養の吸収も低下したりするので、却って摂取する方がいいようですね。
特にタンパク質摂取は重要です。
元気超高齢者では毎日ステーキを食べる方が結構いますからね。

そう書きながらも、今すこし自分の体重が増えています。
この原因は9月に京都に学会でいった際に、お菓子系のおいしい豆づくしとか甘納豆を買ってきたためです。
いやあ、油断も隙もありません、自分に甘いと負けますね。
気を付けよう、甘い誘惑、ハニートラップ以上にスウィートトラップ。





[PR]
# by asakura_h | 2017-10-07 19:12
運動会はちょっとした感動会
先週の日曜日は娘の通う高知小学校の運動会があり、家族で応援にいきました。
上の息子から数えて通算八回目ともなると、運動会観戦のベテランですから、さすがに観戦のポジショニングも心得ていて、晴れた日のきつい日差しを避ける場所はばっちり押さえることができました。

その天気も月曜日が大雨だったことを思うと、ついていたばかりでなく、適度な曇りだったので、午後のきつい太陽の日差しも少なくて、いわば観戦日和でした。

下の娘も六年生なので最後の小学校の運動会になり、これで小学校の運動会の観戦がなくなると思うと、少し寂しさも感じます。
というのも、中学校の運動会もいいことはいいですが、生徒自体が運動会になれてあまりなめている傾向もあり、真剣さでは小学校にはかないません。
その真剣さが伝わるので、つい応援する方も力がはいるというものです。

何しろ小学校のグランドは大人の視野では小さな広場ですが、小学生にはさぞかし大きな競技場という大舞台ですから。
これはあれほど遊び回った近所の遊園地を大人になって訪れると、こんなに狭かったのかなと思う感覚と同じで、子供の気持ちにならないとわからないですけどね。

競技種目もタイヤを使った新しい競技もありますが、なんと言っても面白いのは伝統的なリレーと騎馬戦です。
リレーの中でも最後に行われる運動会の花である責任リレーは、たとえ自分の子供がでなくてもわくわくします。
特に高知小学校は選手の入場の時のBGMがトムクルーズ主演のミンションインポッシブルなので,盛り上げ感半端ないですからね。
今の言葉でいうと”やばい”かもしれません。
足の速い子の走り自体の躍動感もいいですが、背中にしょっている責任感がいい緊張を生み出します。
ただそれも競り合ってないと面白みは半減ですけどね。

騎馬戦も最後の大将戦になると、ついつい帽子を取り合うトップの選手に感情移入して見てしまいます。
というのも自分が小学生の頃にあのトップで戦えれば面白しろいだろうなと思っていましたが、体の大きな方だったので、不可能でしたから、いわばトップはあこがれですね。
巨人の小学校に通えばよかったと何度思ったことか。

もう一つの伝統の種目に父兄参加の綱引きもありました。
前回出場してまじめにやってもので腰を痛め、知り合いの整形外科医の先生からこの年でやるのはリスキーだと言われていたので、でないつもりでしたが、人が少ないということででる羽目に。
もちろん、一生懸命やるつもりはなくただの綱をもっているだけでしたが、なんと我がチームは圧勝してしまいました。
すごいなと思っていたら、人数の数え間違えでこちらのチームが多かったとか。
数えていたのは先生方らしく、おいおいいい加減にしてよ、そんなの小学生でも間違えないでしょう!

そんなこんなで終了した運動会、娘もお疲れ様です。
やはり運動会はそんな日常生活にちょっとした感動をもたらせてくれます。
いわば小さな感動会でした。

最後によく運動会で話題になるのが、記憶に残すか、記録に残すかですが、適当にスマホで記録しながら、ちらりと見ていました。
いわゆる同時に二つのことをしたんですが、これは最近流行の手を動かしながら体を動かすという脳の活性化にいい運動と同じでした。
結局、運動会は自分にとってもいい運動の機会だったかもしれませんね。




[PR]
# by asakura_h | 2017-10-04 05:15
テレビダイヨリー ナチスがホロコーストの予行演習をしていた
百分DE名著という番組をNHK教育テレビで放送しています。
今回は全体主義の起源という本で、ドイツのヒトラーを代表する全体主義がどのように起こって、最終的にユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストにいたったかを描いてました。

自分と違う他者を排除する、植民地政策を正当化する為に人種優位主義、はたまた植民地戦争に乗り遅れたドイツはそれをヨーロッパ大陸の植民地政策に応用され、その結果他国と衝突、第一次大戦の敗戦になり、民族として誇りを失われました。
そんな中、栄光のドイツを取り戻すと約束するヒトラー政権が選ばれ、すべての原因をユダヤ人に転化していくことが正当化される。

その過程で重要なのは、背景として、政治に関心を持つ市民による民主主義から政治に無関心な層を多くかかえる大衆主義になり、いわば考えない人々が養成されていく社会ができあがっていたことです。
政治的に無関心な層は自分達の耳に心地よい意見しか耳を貸さない為に、ヒトラーの言葉が魔法に感じたのです。
気が付いたら戦争、破滅だったわけで、ヒトラーというのは、突然変異で生じたのでなく、出現するべくしてでた、いわばその当時の歴史の集大成だったのです。

この他者の排除とか、自分達の耳に心地よい意見しかきかない等、現代と通じているのが恐ろしいことです。
そう言えば、昨年の七月に障害者施設で残酷な事件が起きましたが、その直後に同じくNHK教育で過去の番組から警鐘の為に放送された番組がありました。
それがまさにヒトラーがホロコーストをする前に予行練習として難病患者や障害者を組織的に抹殺していたという内容です。

ナチスはその頃の一番のメディアであるラジオを使って、障害者たちがいかに社会に負担をしいているかを宣伝し、大衆の支持を得て、全国の障害者や難病患者を数か所の焼却炉のある精神病院に収容して殺害したのです。
これにはドイツの精神科学会も協力しましたが、ドイツ教会の司祭がこのことに気が付いて、これらがいつかは我が身になって降りかかったしまうと、教会を通じて訴える活動して、民意を盛り立て、さすがにナチスは世間の批判に中止せざるを得なくなりましたが、実は精神科学会はそれを密かに継続していました。
やっと終了したのが、終戦後だということでした。

弱者というもの、いつ自分が弱者になるとも限りません。
健常というのは、たまたま健常であって、いつ事故や病気で障害を持つ側になるとも限らないです。
このことを無視したいたらいずれは自分達に振り返ってくるということはまさにそういうことなのでしょう。

勿論、社会通念や道徳はその時代に影響を受けることも多いでしょう。
社会全体が弱者排除になってしまったら、いつの間にか自分もそれに加担するとも限りません。
そう考えると、他者を認めるとか、弱者を助けるとか、そういうことを時代を超えた普遍的な原理として意識しておくことが重要なことかもしれません。

確かに忙しい生活の中で、ついつい見逃してしまう事柄が多いのですが、生活と時代に流されて、大事なことを見失わないよう、できるだけ考えるようにしたいものです。







[PR]
# by asakura_h | 2017-09-30 16:16
一食集中
次第に秋らしくなるこの頃、秋と言えば、まず味覚の秋、食事ですね。
ただ、今より若い時は食事は質が先ですが、量もないとだめでした。
ところが、最近はダイエットのこともあり、限られた食事を楽しむことにしています。
おかげでよく味わって食べることができます。
一食一食かみしめるように香りや味を楽しみ、食感、のどごし感を確かめると、あの複雑な嚥下機能がこうして十分働いているという驚きや喜びも感じざるえないものです。

これって、人生の残された時間にも通じるかなと思います。
若い時はたくさんの時間があるので極端に言えば、はちゃめちゃなところもありますが、年をへればそんな時間は少なくなるので、時間そのものがいとおしくなる。
できるだけ、無駄なく、味わいたくなるものです。

たとえば知り合いの先生の中には残された年数が二十年だとして、一日三食、365×20×3で21900回しか食べれないので、一食一食をすごく大切にしていて、慎重に食事を選択している方もおります。
それは極端ですが、一食ごとに満足したいとは思いますね。

そう思っていたら、マインドフルネスという考えがありました。
人は黙っていても、無意識にも考えてしまいます。

以前、人はコミュニケーションの動物だから、無人島にいけば、言葉を忘れるんじゃないかと言った人がいましたが、一人になってもずっと自国語で考えるので、決して言葉を忘れることはないのです。

もちろん、考えるのは悪くないのですが、ついつい考えすぎて、不安になったり、過去のことをくよくよ考えすぎて、却ってストレスになるようです。
それが神経症やうつを引き起こしたりすることもあり、この脳の考えすぎからの解放がマンドフルネスで脳の疲労をとることにつながるそうです。
実際、治療としても用いられています。

考えないというのは、わかりにくいのですが、瞑想状態のことで、座禅と同じ心理状態になることです。
一切の雑念をすて、今生きていること、周りの空気感、音、においや自分の体内の感覚などに集中していくと、自然に脳がリラックスした状態になるようです。
別の言い方では思考中心から全感覚をとぎすますことにシフトしていくということです。
脳的に言えば、視覚の後頭葉と思考の前頭葉のいわば一極集中型から、全脳的に分散させる分散型にしふとしていくことかもしれません。
そうしていると、意外な視点から、普段見えなかったことが、見えたり、聞こえなかったことが、聞こえたり、感じなかったことが感じたりできるかもしれません。

食事は少量でも味わって食べる。
これがまたダイエットになるのでいいのです。
ただし、大勢の人と話しながら食べていると、そんな味わっている余裕はないですが、会話しながら味わうのもなんとかなれるものです。
却って会話を楽しみながら、食も味わう、これが醍醐味なのでしょう。
つまり脳は一極集中からの解放、食事は一食集中ですね。






[PR]
# by asakura_h | 2017-09-21 07:29
朝倉という地名は結構あるんだ
いよいよ八月も終わりです。
残暑はありますが、七月八月をひとくくりにして夏も一つの章が終わったような感じです。
それにしても豪雨の被害はさすまじかったですね。
七月には福岡県朝倉市が被害に見舞われました。

この朝倉市、自分の病院と同じ名前なので何故か身近に感じてしようがないですが、朝倉という地名は全国に結構あるようです。
秋田県の横手市、栃木県の足利市、群馬県前橋市、岐阜県の関市、愛知県の知多市、京都市の中京区、山口県の山口市、そして高知県高知市だそうです。
もともと名前の由来は朝倉氏という貴族の名前のようですが、全国に散らばったようです。

高知での名前の由来は661年の斉明天皇伝説によるようです。
この天皇が朝鮮半島の百済という国の救済の為に大阪の難波宮をでて西征して移った場所が朝倉橘広庭宮で、この高知の場所がそうだとして、朝倉という名前がつけられたようです。
実際、朝倉神社の背後にある山は奈良県桜井市の三輪山同様に神のこもる山として古代祭祀の信仰対象だったようです。
この山の中腹からは弥生式時代中期の土岐が発見されて、古墳時代後期の朝倉古墳があります。
どうやら朝倉は高知の中でも昔から開かれていた場所のようですね。
豪族もいたそうで、戦国時代には朝倉城も作られ、この地域で合戦も行われたようです。
福岡県の朝倉市はその斉明天皇の西征の実際の場所だったと推定されている所で、いわば本物の朝倉かもしれません。

その地名からとって命名されたのがわが朝倉病院です。
勿論朝倉というのは人名でもありますから、おかげでそんな地名、人名からとられた朝倉がつく病院、診療所が他にもあります。
その中でも悪名高いのが、埼玉県春日部市の朝倉病院でしょうか?

この病院は昔は結核などが入院し、その後主に精神患者を診ており、東京都の認知症高齢者の多くが入院していたそうですが、患者の腰にひもをつけたり、ベッド上で動けないようにしたりや、不正請求が問題になり、平成十三年に廃院になっています。
その後はなんと心霊スポットとして有名になったようです。
いやはやそんなイメージの病院と誤解されると困りますが、実はその病院には、昔、フーテンの寅さんで有名な渥美清が結核で入院していたそうです。
この朝倉病院の創始者の田辺裕丈も結核で療養生活を送っていて、朝倉病院を開設するというのも変な因縁かもしれませんね。
いや因縁は御免こうむりたい、ただの偶然でしょう。

他には神奈川県横浜市にも朝倉病院があり、療養病床や回復期のリハビリテーション病棟があるようです。
群馬県にはあさくら診療所というのがあるようです。
ちなみに神奈川県の朝倉病院の医療法人の名前は健生会です。
自分が所属している高知大学医学部の老年病科教室の同門会(出身医師の集まり)も健生会ですから、これも因縁?
いや、健生とは健康に生きるってことですから、医療関係者、考えることは同じってことですね。






[PR]
# by asakura_h | 2017-08-31 15:24